[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

前回準Vの流経大柏、市船完封で全国へ 鹿島内定のDF関川郁万「初の連続出場嬉しい」

第97回全国高校サッカー選手権の千葉県大会は、18日にフクダ電子アリーナで決勝を行い、流経大柏が2-0で市立船橋を破って2年連続6度目の全国大会出場を決めた。

ライバル市立船橋を下して2年連続全国行きを決めた流経大柏【写真:平野貴也】
ライバル市立船橋を下して2年連続全国行きを決めた流経大柏【写真:平野貴也】

選手権千葉県大会決勝、ライバル市立船橋を2-0で撃破

 第97回全国高校サッカー選手権の千葉県大会は、18日にフクダ電子アリーナで決勝を行い、流経大柏が2-0で市立船橋を破って2年連続6度目の全国大会出場を決めた。流経大柏は、2007年度に大前元紀(大宮)らを擁して初優勝、昨年度に準優勝を果たしている強豪だが、ともに日本一を狙うライバルの市立船橋と県内で全国切符を争わなければならず、これまで2年連続で全国大会に出場したことは、なかった。卒業後にJリーグの鹿島アントラーズへ加入するDF関川郁万(3年)は「流経初の2年連続(全国)出場で、嬉しい」と笑顔を見せた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 試合は、互角の立ち上がりから先制点を得た流経大柏が、強固な守備力を発揮して勝利を手繰り寄せる展開となった。流経大柏は前半14分に得た右コーナーキックで、低いパスをゴール前に供給。前線で体を張ったプレーを見せていたFW左部開斗(3年)のシュートはGKに防がれたが、こぼれ球を拾ったMF熊澤和希(3年)が左ポストを叩いてゴールに飛び込むシュートを決めて先制した。対する市立船橋は、佐藤圭祐と西堂久俊(ともに3年)のツートップの破壊力を生かす攻撃を仕掛けたが、リードを得て守備に重点を置く流経大柏を崩し切れず、関川らに阻まれてシュートを打てなかった。

 後半に入ると、市立船橋は快足を誇る右ウイングバックの松尾勇佑(3年)が豪快な突破を仕掛けて何度もビッグチャンスを生み出したが、決定機で空振りが生まれるなどシュートが決まらなかった。試合終盤に入ると、苦しい時間帯を乗り越えた流経大柏が左サイドで相手のバックパスを奪い、クロスを途中出場の岡本竜(3年)がヘディングで決めて追加点をマーク。勝敗を決定付けた。

1 2

綿貫 敬介

 明治安田生命所属 世界ATPランキング1525位(2017年9月時点)。

 埼玉県春日部市のグローバル・プロ・テニス・アカデミーの常任コーチを務めながら、世界ジュニアランキング2位の弟・陽介のツアーコーチも兼務。ジュニア時代には世界ランク5位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)ら実力者と対戦した経歴を持つ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集