[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

前回準Vの流経大柏、市船完封で全国へ 鹿島内定のDF関川郁万「初の連続出場嬉しい」

主将DF関川は新戦力の台頭歓迎「下級生には、物怖じしない良さがある」

 勝った流経大柏は、夏の悔しさを、冬の最終ステージにぶつける。特に台頭が著しい下級生の勢いは、要注目だ。本田裕一郎監督は「例年、1年生を起用するのは夏を過ぎてからだけど、今年の1年生は元気が良いので、夏の前から使い始めている」と話した。インターハイでは、県大会の準決勝で習志野高校に敗れて全国大会出場を逃したが、その試合でも後半から下級生を4人同時に投入する交代策を用いており、下級生の積極起用が目立つ。この日の市立船橋戦でも1年生3人(FW森山一斗、DF藤井海和、GK松原颯汰)がセンターラインで起用され、ボランチは藤井と2年生の八木滉史の下級生コンビが先発した。

 県大会の全4試合で得点を挙げた熊澤は「下級生が良い。うまくチームに溶け込ませて連係して全員で勝ちに行きたい。ちょっと危ないと思う場面もあるけど、みんなでカバーする」と話し、主将の関川も「下級生には、物怖じしない良さがある」と新戦力の台頭を歓迎した。戦力層を増した流経大柏が狙うのは、日本一。前回大会でわずかに届かなかった頂に再挑戦する。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集