[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

救ったのはYouTube? 国士舘、守護神のPKセーブで全国切符「今日もこっちかなと」

やってしまったと思わずにはいられなかった。押され気味の展開からセットプレーで先制点を取って後半を迎えたにもかかわらず、不用意なファウルでPKを献上してしまったのだ。しかし、守護神は、偶然に動画投稿サイトの「YouTube」で見た映像を思い出して、窮地をしのいだ。

選手権東京A決勝で国士舘が1-0で大成を下した【写真:平野貴也】
選手権東京A決勝で国士舘が1-0で大成を下した【写真:平野貴也】

選手権東京A決勝で大成を1-0完封、後半22分のPKを守護神GK小松がビッグセーブ

 やってしまったと思わずにはいられなかった。押され気味の展開からセットプレーで先制点を取って後半を迎えたにもかかわらず、不用意なファウルでPKを献上してしまったのだ。しかし、守護神は、偶然に動画投稿サイトの「YouTube」で見た映像を思い出して、窮地をしのいだ。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

「相手チームのPK戦の映像を見たんですけど、全部右だったんです」

 右に飛んで相手のシュートを止め、こぼれ球を押し込もうとしたシュートも足で弾いた。勝利を手繰り寄せるビッグセーブだった。

 第97回全国高校サッカー選手権の東京都大会は、17日に駒沢陸上競技場で決勝を行い、Aブロックは、国士舘が1-0で大成を下して15年ぶり4度目の全国大会出場を決めた。

 試合の立ち上がりは、大成に押し込まれていた。それでも前半37分、左CKをニアサイドに飛ばすと、MF濱部響乃介(3年)が右アウトサイドで合わせて先制点を奪うことに成功した。2011年に女子ワールドカップの決勝戦で澤穂希が決めた形に似た一撃。濱部は「相手GKが前に出てくるタイプだったので、ニアを狙ったら良いボールが来た」とゴールの感触を振り返った。

 得点で勢い付いた国士舘は、後半の立ち上がりに決定機を迎えたが、決め切れなかった。そして後半22分に大きなミスが生まれた。右サイドからの突破を仕掛けた大成のFW原田晃希(3年)に対し、ペナルティーエリア内で慌ててチャージを仕掛けてPKを与えてしまったのだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集