[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

救ったのはYouTube? 国士舘、守護神のPKセーブで全国切符「今日もこっちかなと」

好セーブを見せた国士館・小松直登【写真:平野貴也】
好セーブを見せた国士館・小松直登【写真:平野貴也】

学校の自由時間に…本来なら見ないはずの映像で大発見

 しかし、前述のとおり、GK小松直登(3年)のビッグセーブで難を逃れた。小松は、1回戦のPK戦で3本中2本をセーブ。準々決勝でも試合中に1本、PKを止めている。ただ「PKが得意という意識はない。運なので」と話すほどで、自信があるわけではない。右に飛んだ理由は、動画がきっかけだった。

「YouTubeに大成と東京実業の試合のPK戦の映像があったんです。(選手毎に蹴った方向を)チェックしようと思ったんですけど、全部同じ方向だった。今日蹴った選手は別の選手だったけど、今回もこっちかなと思って」(小松)

 選手権では、次戦の対戦相手をスカウティングで撮影しているため、チェックができる。しかし、大成と東京実業の試合は、準々決勝。本来ならば見ないはずの映像だ。学校で自由時間に、自分たちの試合を見ようとしたとき、関連動画に出てきて、偶然見ることになったという。大発見となった。

 1回戦では、接触プレーで脳しんとうに見舞われ、2回戦は仲間にゴールマウスを任せた。代わって出場した山田大晴(3年)が大活躍。小松は「仲間から『お前、もう要らないんじゃない?』と言われたし、自分でもそう思った」と笑うが、偶然の動画チェックを起因とするPKストップなどでライバルに負けない活躍でチームを全国に導いた。国士舘は、4度目の全国大会挑戦で初勝利を目指す。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集