[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ライバル撃破の福岡第一、掴んだ“1枚しかない”全国切符「こんなに辛い試合はない」

ライバル撃破の福岡第一、掴んだ“1枚しかない”全国切符「こんなに辛い試合はない」

高校バスケットの祭典「ウインターカップ」(第71回全国高校バスケットボール選手権大会)福岡県大会は、3日にアクシオン福岡で男女の決勝を行い、男子は福岡第一が79-71で福岡大大濠を下し、3年連続11度目の全国大会出場を決めた。両校は、ともに日本一を狙える強豪校。ハイレベルな試合を制した福岡第一の井手口孝ヘッドコーチは「勝って嬉しいけど、こんなに辛い試合はない。全国大会でこの2チームを戦わせたかった。絶対に優勝して帰って来る」と話し、ライバル校の思いを背負う覚悟を示した。

勝利後、相手選手と抱擁を交わす福岡第一の河村(中央8番)と松崎(中央右)【写真:平野貴也】
勝利後、相手選手と抱擁を交わす福岡第一の河村(中央8番)と松崎(中央右)【写真:平野貴也】

福岡大大濠撃破で3年ぶり全国へ、指揮官「全国でこの2チームを戦わせたかった」

 高校バスケットの祭典「ウインターカップ」(第71回全国高校バスケットボール選手権大会)福岡県大会は、3日にアクシオン福岡で男女の決勝を行い、男子は福岡第一が79-71で福岡大大濠を下し、3年連続11度目の全国大会出場を決めた。両校は、ともに日本一を狙える強豪校。ハイレベルな試合を制した福岡第一の井手口孝ヘッドコーチは「勝って嬉しいけど、こんなに辛い試合はない。全国大会でこの2チームを戦わせたかった。絶対に優勝して帰って来る」と話し、ライバル校の思いを背負う覚悟を示した。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 一昨年は福岡第一が、昨年は福岡大大濠が、インターハイ(全国高校総体)を優勝(※決勝進出でウインターカップ全国大会出場権を獲得できる)。直近2年は、もう片方のチームが県予選を勝ち上がり、そろってウインターカップ全国大会に出場したが、今年は1枠を争った。今夏のインターハイは、FIBA(国際バスケットボール連盟)U-18アジア選手権と日程が重なった。福岡大大濠はガードの中田嵩基(3年)、大型フォワードの浅井修伍(3年)、得点源の横地聖真(2年)の3人、福岡第一もフォワードの松崎裕樹(3年)とガードの河村勇輝(2年)が代表に選ばれ、ともに主力抜きとなり、決勝進出はならなかった。

 一昨年、昨年とは異なり、全国大会の切符は1枚のみ。緊迫感のあるゲームだった。福岡第一は今季、福岡大大濠に6戦全勝と力を示していたが、この試合では苦しめられた。攻撃では、河村、松崎のゴール下へ切り込むプレーを警戒されて、得意の速攻を封じられた。河村は「こうなると思って、外のシュートを対策してきたけど、なかなか成功率が良くなかった」と相手の脅威を与えられなかった難しい時間を振り返った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー