[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織は「強すぎた」 完敗のティエムは脱帽「試合を通して彼の方が上だった」

錦織は「強すぎた」 完敗のティエムは脱帽「試合を通して彼の方が上だった」

男子テニスのエルステバンク・オープンは26日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク11位の錦織圭(日清食品)が同7位で第1シードのドミニク・ティエム(オーストリア)を6-3、6-1で破り、4強進出。第1セットを奪う圧巻のダウンザラインを叩き込む瞬間を、ATP公式中継サイト「テニスTV」は「素晴らしい!」と称賛をつづり、動画付きで公開していたが、敗れたティエムも「今日の自分にとって強すぎた」錦織の強さを称えている。

世界ランク7位のドミニク・ティエム【写真:Getty Images】
世界ランク7位のドミニク・ティエム【写真:Getty Images】

地元Vを飾れなかったティエムは完敗を認める

 男子テニスのエルステバンク・オープンは26日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク11位の錦織圭(日清食品)が同7位で第1シードのドミニク・ティエム(オーストリア)を6-3、6-1で破り、4強進出。第1セットを奪う圧巻のダウンザラインを叩き込む瞬間を、ATP公式中継サイト「テニスTV」は「素晴らしい!」と称賛をつづり、動画付きで公開していたが、敗れたティエムも「今日の自分にとって強すぎた」と錦織の強さを称えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 わずか68分間での結末。ティエムは4ゲームしか奪えず、錦織にストレート負け。地元オーストリアの大声援に応えることができず、がっくりと肩を落とした。

 敗戦の弁を伝えているのはオーストリア紙「クライネ・ツァウトゥング」だった。「ティエム、ニシコリにノーチャンス」と見出しをつけて記事を展開。地元の期待を一身に背負っていたティエムの敗戦をレポートしている。

「全ては、ウィーンでのオーストリア勢初の決勝進出へと向かっていた。しかし、ドミニク・ティエムは建国記念日で完売となったコートで彼にとって最高の1日を過ごすことはできず。ケイ・ニシコリという非常に手強い選手が相手だったこともある」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー