[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 南野拓実、鮮烈“初マルチ弾”を海外メディア続々絶賛「日本のベストはミナミノだ」

南野拓実、鮮烈“初マルチ弾”を海外メディア続々絶賛「日本のベストはミナミノだ」

サッカー日本代表(FIFAランク54位)は16日、国際親善試合のウルグアイ(同5位)戦(埼玉)に4-3で勝利。今夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会8強の強豪を撃ち合いで撃破した。試合後にはDF槙野智章(浦和)がロッカールームの23人全員集合ショットを公開し、最高のムードを感じさせていたが、海外メディアは2得点を挙げたMF南野拓実(ザルツブルク)を続々絶賛。「日本のベストはミナミノ」「奮起の一撃を見舞う」などと報じている。

ウルグアイ相手に2ゴールを奪った南野【写真:Getty Images】
ウルグアイ相手に2ゴールを奪った南野【写真:Getty Images】

代表初2得点の南野に相次ぐ賛辞「奮起の一撃を見舞う」

 サッカー日本代表(FIFAランク54位)は16日、国際親善試合のウルグアイ(同5位)戦(埼玉)に4-3で勝利。今夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会8強の強豪を撃ち合いで撃破した。試合後にはDF槙野智章(浦和)がロッカールームの23人全員集合ショットを公開し、最高のムードを感じさせていたが、海外メディアは2得点を挙げたMF南野拓実(ザルツブルク)を続々絶賛。「日本のベストはミナミノ」「奮起の一撃を見舞う」などと報じている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 日本の新星がまた輝いた。前半10分、南野は左サイドのMF中島からの縦パスに反応。ワントラップで反転し、相手DFを置き去りにすると右足を一閃した。森保ジャパンで3戦連発となったが、まだ終わらない。3-2で迎えた後半21人にはMF堂安のミドルシュートに誰よりも速く反応。GKが弾いたこぼれ球を押し込み、この日2点目を奪った。

 FIFAランク5位、ロシアW杯8強の南米の雄ウルグアイを沈める代表初マルチ弾はインパクト絶大だった。英紙「デイリー・メール」は「日本4-3ウルグアイ:エディンソン・カバーニの最大限の努力に対して、タクミ・ミナミノがホスト国の勝利を保証する奮起の一撃を見舞う」とレポートしている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー