[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • クロフォード、再生190万超の“1日遅れの右”でV1 祝福殺到「偉大なファイトマン」

クロフォード、再生190万超の“1日遅れの右”でV1 祝福殺到「偉大なファイトマン」

ボクシングのWBO世界ウェルター級タイトルマッチは13日(日本時間14日)、3階級制覇王者テレンス・クロフォード(米国)が27戦全勝のホセ・ベナビデス(米国)を12回TKOで下し、初防衛に成功した。米スポーツ専門局「ESPN」は強烈な右アッパーで顎を打ち砕いてダウンを奪い、猛烈なラッシュを繰り出して決着させた瞬間を動画付きで公開。再生190万回を突破し、大反響を呼んでいたが、本人は自身のSNSを更新すると、熱烈なファンから「偉大なファイトマン」「100点だ」と祝福が殺到している。

3階級制覇王者クロフォードはベナビデスを12回TKOで下した【写真:Getty Images】
3階級制覇王者クロフォードはベナビデスを12回TKOで下した【写真:Getty Images】

初防衛の後にSNS更新、「口先ばかりで何もしないだろ?」と勝利宣言

 ボクシングのWBO世界ウェルター級タイトルマッチは13日(日本時間14日)、3階級制覇王者テレンス・クロフォード(米国)が27戦全勝のホセ・ベナビデス(米国)を12回TKOで下し、初防衛に成功した。米スポーツ専門局「ESPN」は強烈な右アッパーで顎を打ち砕いてダウンを奪い、猛烈なラッシュを繰り出して決着させた瞬間を動画付きで公開。再生190万回を突破し、大反響を呼んでいたが、本人は自身のSNSを更新すると、熱烈なファンから「偉大なファイトマン」「100点だ」と祝福が殺到している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 週末の米ボクシング界の主役となった。最終12回、残り1分を切ると、クロフォードの血がたぎった。ワンツーから右アッパーで相手の顎を命中。ベナビデスは膝から無残に崩れ落ち、ダウンを奪った。1万3323人が詰めかけた会場のボルテージが最高潮が達する。そして、立ち上がった挑戦者に猛ラッシュを浴びせ、最後はTKOで初防衛を達成してみせた。

 前日計量のフェイスオフ、素手で右フックを放ち、これが批判を含め大きな波紋を呼んだ。乱闘騒動から注目を浴びた要因となった“1日遅れの右”で致命傷を与えた。ESPN公式インスタグラムは「テレンス・クロフォードが全ての疑念を払拭した瞬間」と騒音をシャットアウトしたTKO勝ちの瞬間を動画付きで公開し、再生190万回を突破している。

 自身のインスタグラムでも戦前、「喋りはチープだ。だから土曜日はかかって来い。何も言えなくなるだろう」と派手にメッセージをつづっていたクロフォード。試合後、「口先ばかりで何もしないだろ? 全てのサポートに感謝します、ありがとう」と拳で強さを証明したことを誇り、SNSでファンに感謝。すると、コメント欄も続々と賑わいを見せた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー