[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥、“戦慄の左”の決定的瞬間の1枚を公開 「ゾーンに入っていた…」と告白

井上尚弥、“戦慄の左”の決定的瞬間の1枚を公開 「ゾーンに入っていた…」と告白

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級1回戦を圧勝したWBA世界同級王者・井上尚弥(大橋)がインスタグラムを更新。元WBAバンタム級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)をワンツーによる70秒KOの呼び水となった“左ジャブ”の瞬間の画像を公開し、自身で「この瞬間はスローに感じるほどゾーンに入っていた…」と告白している。

WBSSバンタム級1回戦で圧勝した井上尚弥【写真:Getty Images】
WBSSバンタム級1回戦で圧勝した井上尚弥【写真:Getty Images】

衝撃ワンツーの至近距離写真を公開で回顧「この瞬間はスローに感じるほどゾーンに」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級1回戦を圧勝したWBA世界同級王者・井上尚弥(大橋)がインスタグラムを更新。元WBAバンタム級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)をワンツーによる70秒KOの呼び水となった“左ジャブ”の瞬間の画像を公開し、自身で「この瞬間はスローに感じるほどゾーンに入っていた…」と告白している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 まるで合成写真を見ているかのような1枚だ。世界を震撼させた70秒KO。井上がインスタグラムを更新し、自身で決定的瞬間の画像を公開した。

 パヤノに対し、左腕を伸ばした井上。その拳はガードの間を抜き、相手の顔面を捉えている。左腕はまるで伸び、曲がっているかのように見え、しかも鍛え上げられた筋肉が際立つ。ただ、視線は鋭くパヤノを捉えており、なおかつ、右拳が今にも弾けんばかりに放たれようとしている。直後の右ストレートにつなげる決定的瞬間を至近距離から写した1枚だ。

 投稿では、この瞬間の感情について告白している。「内側から打ち抜くジャブ。これで右ストレートに繋げる距離タイミングが完全一致!!」とつづり、さらに「この瞬間はスローに感じるほどゾーンに入っていた…。過去ナルバエス戦でしかなかったゾーンが再び…」と回想。なんと過去に1度しかなかった「ゾーン」の領域に突入していたという。

 画像を見たファンから「腕が…合成写真っぽい」「腕が伸びてるみたい」「左ジャブの筋肉ヤバイ」とコメントが相次ぐなど、目を奪われた様子。井上はKOの呼び水となった左ジャブから右ストレートのワンツーは練習をしてきたと試合後に明かしていた。「尚弥ゾーン」で放たれた戦慄のパンチの興奮が再び、甦ってくるようだった。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー