[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、2試合でわずか182秒 連続秒殺KOにプロモーター興奮「たった182秒ですよ」

ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を相手に、衝撃の1回70秒KOで勝利を収めた。デビューからの連勝を17(15KO)に伸ばしたモンスターについて、最強王者決定戦のプロモーターを務めるカレ・ザワーランド氏は「182」という数字に着目。手放しで称賛を送っている。

WBSSプロモーターのザワーランド氏(左)も井上を称賛している【写真:荒川祐史】
WBSSプロモーターのザワーランド氏(左)も井上を称賛している【写真:荒川祐史】

WBSSプロモーターのザワーランド氏が衝撃の秒殺劇に大興奮

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を相手に、衝撃の1回70秒KOで勝利を収めた。デビューからの連勝を17(15KO)に伸ばしたモンスターについて、最強王者決定戦のプロモーターを務めるカレ・ザワーランド氏は「182」という数字に着目。手放しで称賛を送っている。

【特集】「夢を与えてあげてください」世界一を知る名将が日本の指導者に贈る言葉(GROWINGへ)

 世界120か国で中継された井上の圧巻の70秒殺劇。興奮覚めやらぬ記者会見場に姿を現したザワーランド氏は、壇上で井上とともにフラッシュを浴びながら、井上の凄さを数字で伝えた。

「多くの人が話題にするであろう統計に関して言わせていただきます。この日放ったジャブは1発、そして、1回のワンツーです。そして、ここにいる男は世界王者2人を182秒で倒しています。たった182秒ですよ。個人的には特筆すべきだと思う。すごいことじゃないですか?」

 主催者は興奮気味に報道陣に逆に問いかけていた。

 井上はバンタム級転厩初戦となる5月25日のWBA世界タイトルマッチで10年無敗だった王者ジェイミー・マクドネル(英国)を1回112秒でTKO勝ち。3階級制覇を達成していたが、初の防衛戦となったこの日はマクドネル戦を上回る瞬殺KO。しかも、相手は五輪出場2回を誇る、元WBAスーパー王者なのだから驚愕も当然だろう。

 ザワーランド氏は「パヤノはその辺の街で見つけてきた男ではない。イノウエにとっては試練となるはずの相手だった」と語っていたが、結果は2試合連続での1ラウンドフィニッシュ。70秒でのKOは日本人の世界戦最速記録というおまけもついた。

 たった1回のワンツーで圧巻のバンタム級連勝を達成した“ナオヤの182秒”に、ザワーランド氏も脱帽するしかない様子だった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集