[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 織田信成、歓喜の“YMCA4ショット”に3万大反響 「さっとんの腹筋すげー」の声も

織田信成、歓喜の“YMCA4ショット”に3万大反響 「さっとんの腹筋すげー」の声も

フィギュアスケートのジャパンオープンは6日、日本が2年ぶり9度目の優勝を果たした。話題を呼んだのは、プロスケーターの織田信成が現役さながらの演技で176.95点をマークし、貢献した。織田は試合後にツイッターを更新。一緒に戦った宇野昌磨(トヨタ自動車)、宮原知子(関大)、坂本花織(シスメックス)との“YMCA4ショット”を公開し、ファンから3万を超える大反響。さらに宮原の肉体美が意外な反響を呼んでいる。

プロスケーターの織田信成【写真:Getty Images】
プロスケーターの織田信成【写真:Getty Images】

ジャパンOP優勝メンバー4人で集合写真「チームジャパン優勝!」

 フィギュアスケートのジャパンオープンは6日、日本が2年ぶり9度目の優勝を果たした。話題を呼んだのは、プロスケーターの織田信成が現役さながらの演技で176.95点をマークし、貢献した。織田は試合後にツイッターを更新。一緒に戦った宇野昌磨(トヨタ自動車)、宮原知子(関大)、坂本花織(シスメックス)との“YMCA4ショット”を公開し、ファンから3万を超える大反響。さらに宮原の肉体美が意外な反響を呼んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 競技で第一線を走っていた当時にも負けない演技で日本のファンを魅了した織田。2年ぶり優勝に貢献し、試合後にツイッターで1枚の画像を公開した。

 日本の4人が並び、左サイドに坂本、宮原が並び、宮原の引き締まった腹筋が覗く。そして、右サイドには宇野、織田。ステージ衣装のまま、人文字で「YMCA」を作り、そろって笑みを見せる。最年長で「A」ポーズを決めた織田が一番、会心の信成スマイルをこぼしているのが印象的だ。演技の際に「ヤングマン」で盛り上げたYMCAポーズを4人で再現したようだ。

 投稿には「チームジャパン優勝! 応援ありがとうございました!」とつづり、公開すると「織田くんのスケートは最高です」「もう、興奮感動でした」「引退しているのに衰えず4回転を飛ぶなんて!!!!」「間違いなく、今大会のMVPは織田くんだと思います」「惚れ直しました」などと祝福が殺到していた。

 一方、宮原の腹筋に目を奪われたファンも多く「知子ちゃんの腹筋が半端ない!!!」「さっとんの腹筋すげー」「二度見してしまった!」「腹筋めっちゃ割れてる…かっこいい」「カッコイイ色気」とコメントが相次ぎ、日頃から厳しいトレーニングで作り上げた肉体美も意外な反響を呼んでいた。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー