[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみ、試合中の涙の理由は… 勝利インタで謝罪「自分の態度を申し訳なく思う」

大坂なおみ、試合中の涙の理由は… 勝利インタで謝罪「自分の態度を申し訳なく思う」

女子テニスの中国オープンはシングルス準々決勝で世界ランク6位・大坂なおみ(日清食品)が地元の同45位・張帥(中国)に3-6、6-4、7-5で勝ち、4強進出。序盤劣勢で試合中に涙を見せ、完全アウェーから第3セットも3-5の崖っぷちから4ゲーム連取で奇跡の逆転勝ちを演じた。メンタルを立て直して驚異の粘りを発揮し、最後は持ち前の弾丸エースで決着させた瞬間をWTAは動画付きで公開。試合後のコート上のインタビューでは涙の理由を明かし、「自分の取った態度を申し訳なく思います」と謝罪した。

この日は序盤に不安定さも目立った大坂なおみ【写真:Getty Images】
この日は序盤に不安定さも目立った大坂なおみ【写真:Getty Images】

序盤ミス連発で涙、勝利インタビューで「ストレスを感じていた」と告白

 女子テニスの中国オープンはシングルス準々決勝で世界ランク6位・大坂なおみ(日清食品)が地元の同45位・張帥(中国)に3-6、6-4、7-5で勝ち、4強進出。序盤劣勢で試合中に涙を見せ、完全アウェーから第3セットも3-5の崖っぷちから4ゲーム連取で奇跡の逆転勝ちを演じた。メンタルを立て直して驚異の粘りを発揮し、最後は持ち前の弾丸エースで決着させた瞬間をWTAは動画付きで公開。試合後のコート上のインタビューでは涙の理由を明かし、「自分の取った態度を申し訳なく思います」と謝罪した。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 大坂が涙を乗り越え、勝利した。マッチポイント。この日、不調だった大坂のサービスで最後の力を振り絞り、ストレートに渾身の一撃を見舞った。張帥は触れることすらできない。圧巻の弾丸エースで決着させた。完全アウェーの観衆から拍手が沸き起こり、少しだけ安堵した表情を見せた大坂。公私で仲のいい張帥とネット際で抱擁を交わし、健闘を称え合った。

 序盤からミスを連発し、第1セットを落とすと、涙を見せた大坂。タオルを被り、必死に冷静さを保つように努めた。第3セットも3-5と崖っぷちに追い込まれながら底力を発揮。WTA公式ツイッターは涙を乗り越え、演じた大逆転勝ちの瞬間を動画付きで公開。「ナオミ・オオサカの素晴らしい逆転勝利! 波乱ありの3セット、3-6、6-4、7-5でザンを撃破!」と絶賛している。

 また、試合後のコート上のインタビューも公開。大坂は「彼女は素晴らしい選手ですし、ここで彼女と対戦するのは簡単ではなかったです。(観客に対して)あなたたちはラッキーですね、彼女はとても良いプレーヤーです」と張帥と地元の中国のファンに敬意を示した。声をかけあった内容を問われると「おめでとうと言ってくれました」と回答した。

 さらに「私は(試合中に)自分の取った態度に関して申し訳なく思ってます。ストレスを感じていたんです」と涙の理由を明かし、謝罪。今後に向けては「その時の試合に集中していきたいです。ここからはより難しい戦いになってきますし。誰もがいいプレーをしたいと思っているはずです」と切り替えていた。

(THE ANSWER編集部)

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー