[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織が騙した!? 奇襲の“死んだふりショット”が海外話題「やられたと思いきや…」

錦織が騙した!? 奇襲の“死んだふりショット”が海外話題「やられたと思いきや…」

テニスの世界ランク12位・錦織圭(日清食品)は5日のシングルス準々決勝で同15位のステファノス・チチパス(ギリシャ)と対戦する。地元で快進撃を続けているが、海外で話題を呼んでいるのが2回戦のブノワ・ペール(フランス)戦で見せた“死んだふりショット”だ。一度は気を抜いたふりをして歩いた直後、素早い反応でボレーを打つ奇襲でポイントを奪った。ATP公式中継サイト「テニスTV」が動画付きで公開し、喝采を呼んでいる。

錦織圭【写真:Getty Images】
錦織圭【写真:Getty Images】

ペール戦で演じたトリックショットに反響

 テニスの世界ランク12位・錦織圭(日清食品)は5日のシングルス準々決勝で同15位のステファノス・チチパス(ギリシャ)と対戦する。地元で快進撃を続けているが、海外で話題を呼んでいるのが2回戦のブノワ・ペール(フランス)戦で見せた“死んだふりショット”だ。一度は気を抜いたふりをして歩いた直後、素早い反応でボレーを打つ奇襲でポイントを奪った。ATP公式中継サイト「テニスTV」が動画付きで公開し、喝采を呼んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 その瞬間、確かに棒立ちした。話題を呼んでいるのは、ペール戦の第1セット、3-0とリードして迎えたペールのサービスの場面だった。ペールのサービスをリターンした錦織。すぐに前線に走り、ネットプレーに出た。そして、ペールのショットをバックハンドのドロップショットで返した次の瞬間だった。

 ポイントが決まったと思ったかのように、その場で気の抜けた緩慢な動きをした。次のショットに備えず、くるりと前を向き直ろうとすると、突然、がら空きの右サイドへ走った。隙を突いて打ち込んでくるペールの動きを読んでいたかのようにボレーを炸裂させ、見事にポイントを決めてみせたのだ。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー