[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

飛躍の羽生結弦、海外メディア特集“今季フィギュア名場面”で3シーン選出

海外メディアが今季のフィギュアスケートの“名場面”を特集し、羽生結弦(ANA)は3シーンが選出されている。米スケート専門メディア「icenetwork」が「2016-17のベスト・フォト」特集を組んで伝えている。

「2016-17のベスト・フォト」に羽生の3シーン

 海外メディアが今季のフィギュアスケートの“名場面”を特集し、羽生結弦(ANA)は3シーンが選出されている。米スケート専門メディア「icenetwork」が「2016-17のベスト・フォト」特集を組んで伝えている。

 今季は昨年末のグランプリ(GP)ファイナル(フランス・マルセイユ)で男女通じて初となる4連覇を達成。世界選手権(フィンランド・ヘルシンキ)ではSP5位と出遅れながらフリーでは自身が持つ歴代最高得点を更新し、逆転で3年ぶり2度目の優勝を飾った。

 2018年の平昌冬季五輪を翌シーズンに控えて飛躍を遂げた22歳の雄姿は海外メディアにも深く刻まれたようだ。米スケート専門メディア「icenetwork」が選出した“名場面集”に3シーンがランクイン。一つはGPシリーズのスケートカナダでフリーの演技を終えた直後の場面で、多くの日の丸を背に満面の笑みで両手を広げる姿が選ばれている。また、2つ目は2月の四大陸選手権(韓国・江陵)で演技するシーン。寸評では「江陵でユヅル・ハニュウは彼の内なるプリンスを降臨させた」と紹介している。

 最後は世界選手権で逆転Vを決めた場面。力強くこぶしを突き上げる様子が選ばれており、寸評では「自己ベストを更新し、世界選手権での優勝を引き寄せたフリーを滑り終え、ハニュウはブライアン・オーサーとトレーシー・ウィルソンと祝福し合う」と紹介している。

 多くの名シーンを残した羽生は五輪イヤーでどのような演技を見せてくれるのか。さらなる飛躍が期待される。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集