[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂フィーバーの裏で問われるファンのマナー 繰り返された「撮影注意」のアナウンス

大坂フィーバーの裏で問われるファンのマナー 繰り返された「撮影注意」のアナウンス

なおみフィーバーに沸いた1週間が終わった。テニスの「東レ パンパシフィック・オープン」は23日、シングルス決勝が行われ、世界ランク7位の大坂なおみ(日清食品)が同8位のカロリナ・プリスコバ(チェコ)に4-6、4-6で敗れ、日本勢23年ぶりの優勝を逃した。日本人シングルス初の4大大会制覇した全米オープン後の凱旋試合とあって、大坂の試合日はすべてチケット完売の超満員となったが、その裏では日本人ファンのマナーの課題も残った。

「東レ パンパシフィック・オープン」で準優勝に輝いた大坂なおみ【写真:荒川祐史】
「東レ パンパシフィック・オープン」で準優勝に輝いた大坂なおみ【写真:荒川祐史】

なおみフィーバーに沸いた1週間、大坂とともに日本人ファンも成長を

 なおみフィーバーに沸いた1週間が終わった。テニスの「東レ パンパシフィック・オープン」は23日、シングルス決勝が行われ、世界ランク7位の大坂なおみ(日清食品)が同8位のカロリナ・プリスコバ(チェコ)に4-6、4-6で敗れ、日本勢23年ぶりの優勝を逃した。日本人シングルス初の4大大会制覇した全米オープン後の凱旋試合とあって、大坂の試合日はすべてチケット完売の超満員となったが、その裏では日本人ファンのマナーの課題も残った。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広、秋本真吾(GROWINGへ)

 晴れの決勝の舞台。大坂とプリスコバの登場を目前に控えるコート上には、こんなアナウンスが再三、響いていた。「試合中のフラッシュによるカメラ撮影は禁止です」――。全米女王と元世界1位の一戦。一流選手を自分のカメラに納めたい気持ちはもちろん分かるが、プレーの妨げにならないように観客に配慮を求めるお願いが繰り返されていた。

 なおみフィーバーに沸いた今大会。チケットは連日完売となり、大坂を一目見ようと当日券を求めて列もできた。当然、今までテニスを観戦経験がないファンも多かった。ただ、東レPPOは国内女子最大の国際大会。WTAツアーとして世界のトップ選手が真剣勝負をする場だ。しかし、大坂の初戦となった2回戦では試合中にフラッシュが光り、何度か主審が注意をする場面があった。

 以降、連日「撮影注意」のアナウンスが繰り返された。3連休中日となった決勝当日も「選手から連日、クレームが届いている」とアナウンスされ、設定によっては自動的にフラッシュ撮影となっているスマホもあること、デジカメもズームをする際に焦点を当てるため光が発せられることを挙げ、故意でなくともプレーの妨げになる可能性があることが懇切丁寧に説明されていた。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー