[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ポテンヒットで生還!? “奇跡のライト前”に米メディア唖然「今年最も奇妙な本塁打」

ポテンヒットで生還!? “奇跡のライト前”に米メディア唖然「今年最も奇妙な本塁打」

米大リーグで一本のポテンヒットで打者走者が生還する珍事が発生。相手の失策が絡んで生まれた“奇跡のライト前”を球団が動画付きで公開すると、米メディアは「2018年最も奇妙なホームラン」と銘打ち、ファンは「僕も10回くらいこういうことやってしまったよ」「MLB選手のプレーとは思えない」と唖然としている。

レンジャーズのジュリクソン・プロファー【写真:Getty Images】
レンジャーズのジュリクソン・プロファー【写真:Getty Images】

レンジャーズ・プロファーの一打でまさか…米ファン「MLBのプレーとは思えない」

 米大リーグで一本のポテンヒットで打者走者が生還する珍事が発生。相手の失策が絡んで生まれた“奇跡のライト前”を球団が動画付きで公開すると、米メディアは「2018年最も奇妙なホームラン」と銘打ち、ファンは「僕も10回くらいこういうことやってしまったよ」「MLB選手のプレーとは思えない」と唖然としている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 たった一本のポテンヒットで本塁まで帰ってきてしまった。珍しい一打を放ったのは、レンジャーズのジュリクソン・プロファーだった。21日(日本時間22日)のマリナーズ戦の4回。6-0とリードして迎えた1死無走者の場面だ。

 左腕エリアスの高めの速球を打ち上げたプロファー。右翼方向への平凡なフライとなった。しかし、二塁手カノが深くまで追っていくと、右翼手ギャメルは一瞬チャージを躊躇してしまう。お見合いのような形になり、最後はポトリとグラウンドに弾んでしまった。ここぞとばかりに二塁へ進塁するプロファー。まさかの珍事は次の瞬間だった。

 飛び込んだギャメルが慌ててボールを拾い上げ、起き上がりながら二塁へ送球。しかし、これが悪送球となり、内野を横切るようにして三塁ファウルゾーンへ。しまいにはボールが三塁ダグアウトに飛び込み、ボールデッドに。外野からの送球の場合は2つ進塁が認められるため、プロファーは本塁まで生還する事態になってしまったのだ。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー