[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂、凱旋Vならず 元世界1位プリスコバに完敗、「なおみちゃん頑張れ」大声援も…

テニスの「東レ パンパシフィックオープン」は23日、シングルス決勝が行われ、全米オープンを制した世界ランク7位で第3シードの大坂なおみ(日清食品)が同8位で第4シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)に4-6、4-6で敗れ、凱旋Vはならず。1995年の伊達公子以来、日本勢23年ぶりの優勝を逃し、16年大会に続く準優勝。全米オープンから続く連勝も10で止まった。

凱旋Vを逃した大坂なおみ【写真:石倉愛子】
凱旋Vを逃した大坂なおみ【写真:石倉愛子】

また準優勝、日本勢23年ぶりV逃す、全米オープンから続く連勝「10」で止まる

 テニスの「東レ パンパシフィックオープン」は23日、シングルス決勝が行われ、全米オープンを制した世界ランク7位で第3シードの大坂なおみ(日清食品)が同8位で第4シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)に4-6、4-6で敗れ、凱旋Vはならず。1995年の伊達公子以来、日本勢23年ぶりの優勝を逃し、16年大会に続く準優勝。全米オープンから続く連勝も10で止まった。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 惜しくも凱旋Vはならなかった。第1セットの第1ゲーム。大坂は3本のエースを炸裂させ、超満員となった観衆を惹き込んだ。しかし、元世界1位のプリスコバも「サーブがカギになる」と話していた通り、強烈なサーブで対抗。接戦となった。ただ、第5ゲームで大坂はダブルフォルトなどミスが出て、ブレークを許すと、以降も要所でストロークにミスが続き、第1セットを落とした。大坂がセットを落とすのは、全米オープン4回戦以来、7試合ぶりだった。

 第2セットは互いに序盤からキープする展開。しかし、第9ゲームでは大坂が0-15からダブルフォルトを喫し、ラケットをコートに叩き、悔しさをにじませた。結局、このゲームをブレークされると、ミスの少ないプリスコバを逆転できず、敗れた。劣勢では再三、「なおみちゃん頑張れ!」の声が上がり、後押しする拍手が沸き起こったが、優勝にはあと一歩及ばなかった。

 表彰式では「応援ありがとうございました」とファンに感謝を示し、大きな拍手を浴びた。

 大坂は日本人男女を通じて初となるシングルス4大大会制覇となった全米オープンから10連勝で決勝進出。従来のポニーテールからお団子ヘアに変更し、負けなしの快進撃を演じてきた。日本女子初のツアー年間3勝も持ち越しとなったが、大坂の試合日は連日チケット完売となるなど“なおみフィーバー”を巻き起こし、日本のファンに鮮烈な印象を残した。

【大坂の全米オープン以降の成績(カッコ内は対戦当時の世界ランク)】

<全米オープン>
1回戦 2-0 L.シグムント(146位)
2回戦 2-0 J.グルシュコ(162位)
3回戦 2-0 A.サスノビッチ(33位)
4回戦 2-1 A.サバレンカ(20位)
準々 2-0 L.ツレンコ(36位)
準決 2-0 M.キーズ(14位)
決勝 2-0 S.ウィリアムズ(26位)

<東レPPO>
2回戦 2-0 D.チブルコバ(30位)
準々 2-0 B.ストリコバ(25位)
準決 2-0 K.ジョルジ(37位)
決勝 0-2 K.プリスコバ(8位)

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集