[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦、五輪王者の底力 転倒でもVを海外メディア評価「平昌ぶりに競争力を再現」

羽生結弦、五輪王者の底力 転倒でもVを海外メディア評価「平昌ぶりに競争力を再現」

フィギュアスケートのオータムクラシックは22日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)が165.91点をマークし、合計263.65点で今季初戦を優勝で飾った。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

今季初戦のオータムクラシック、ミスがありながら優勝を飾る

 フィギュアスケートのオータムクラシックは22日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)が165.91点をマークし、合計263.65点で今季初戦を優勝で飾った。序盤で鮮やかに決めた4回転など、美しい演技をIOC運営サイト「オリンピックチャンネル」が動画付きで速報するなど、高い注目度の中で決めた優勝。海外メディアも「平昌五輪ぶりに競争力を再現してみせた」と高く評価している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 五輪連覇王者が、まずは「優勝」という最高の結果とともに新シーズンの第一歩を踏み出した。羽生は憧れのエフゲニー・プルシェンコ氏が演じたナンバーをアレンジした「Origin」のメロディーに乗り、序盤から4回転ループ、4回転トーループを綺麗に着氷。中盤で転倒するなどジャンプにミスがあったが、最後は美しいステップ、スピンで演じ切った。

 表情に満足感はなかったが、165.91点をマークし、貫禄の優勝を飾った。オリンピックチャンネル公式ツイッターは「ユヅル・ハニュウがオータムクラシックで優勝!」とつづり、冒頭に決めた4回転など、演技のハイライトを動画付きで公開。美しい演技を世界のファンに紹介していたが、海外メディアも高く評価している。

 オリンピックチャンネルは公式サイトでも「ユヅル・ハニュウはフリースケートで敗れるも、オータム・クラシック優勝」と見出しを打って特集。「ユヅル・ハニュウはフリースケートでは敗れるも、オータム・クラシックで優勝を果たした。日本人スターは、平昌五輪ぶりにその競争力を再現してみせた」と勝負強さを評価している。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー