[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂、勝てば元世界1位と激突へ 16年全米準Vプリスコバが決勝進出「全て注ぎ込む」

女子テニスの「東レ パンパシフィックオープン」は22日、シングルス準決勝第1試合で世界ランク8位のカロリナ・プリスコバ(チェコ)が同45位のドナ・ベキッチ(クロアチア)を6-2、4-6、6-3で破り、決勝進出。第2試合に登場する同7位の大坂なおみ(日清食品)は同37位のカミラ・ジョルジ(イタリア)に勝てば、元世界1位の強敵と激突する。

決勝に進出するカロリナ・プリスコバ【写真:荒川祐史】
決勝に進出するカロリナ・プリスコバ【写真:荒川祐史】

準決第1試合で世界8位プリスコバが完勝、大坂との過去対戦はなし

 女子テニスの「東レ パンパシフィックオープン」は22日、シングルス準決勝第1試合で世界ランク8位のカロリナ・プリスコバ(チェコ)が同45位のドナ・ベキッチ(クロアチア)を6-2、4-6、6-3で破り、決勝進出。第2試合に登場する同7位の大坂なおみ(日清食品)は同37位のカミラ・ジョルジ(イタリア)に勝てば、元世界1位の強敵と激突する。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 プリスコバは立ち上がりの第1ゲームでいきなりブレークすると、一気に4ゲーム連取。終始、試合を優位に進め、第1セットを6-2でモノにした。第2セットは相手の鋭い出足と粘りに屈し、4-6で落としたが、第3セットは第3ゲームでブレークに成功。そのまま優勢を保って押し切った。

 2時間4分の接戦を制したプリスコバは「私としては調子もどんどん上がっていた。もちろん、相手も強くなっているからタフな試合は想定していたけど、できれば2時間かからず終わらせたかった」と苦笑い。決勝に向けては「一番大変な試合になる。すべてを注ぎ込んで楽しみたい。日本では初めての決勝になるので楽しみながら集中したい」と意気込んだ。

 プリスコバはチェコ出身の26歳。186センチの長身を誇り、強烈なフォアハンドを武器とする。16年全米オープンで準優勝。17年には全仏オープン4強入りし、世界ランク1位に立った経験もある。大坂はこの後、第2試合で行われるジョルジ戦に勝てば、初優勝をかけてプリスコバと対戦する。過去の対戦はないが、強敵であることは間違いない。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集