[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

セリーナ騒動にフェデラーが初言及「明らかに過ちがあった」 検証の必要性を訴える

テニスの4大大会、全米オープン女子シングルス決勝で世界ランク7位の大坂なおみ(日清食品)に敗れたセリーナ・ウィリアムズ(米国)。試合中に審判への暴言などの行動が波紋を広げていたが、グランドスラム20勝の男子シングルス世界ランク2位、ロジャー・フェデラー(スイス)がオーストラリアテレビ局「KVUE」に登場し、一連の騒動に初めて言及。「明らかに過ちがあった」と発言し、騒動の原因検証の必要性を訴えている。英メディアが伝えている。

ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】
ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

豪テレビ局の発言を英紙が紹介「起こってしまったことは明らかに過ちがあった」

 テニスの4大大会、全米オープン女子シングルス決勝で世界ランク7位の大坂なおみ(日清食品)に敗れたセリーナ・ウィリアムズ(米国)。試合中に審判への暴言などの行動が波紋を広げていたが、グランドスラム20勝の男子シングルス世界ランク2位、ロジャー・フェデラー(スイス)がオーストラリアテレビ局「KVUE」に登場し、一連の騒動に初めて言及。「明らかに過ちがあった」と発言し、騒動の原因検証の必要性を訴えている。英メディアが伝えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 女子テニス界を賑わせた騒動に男子テニス界の王者がついに口を開いた。「ロジャー・フェデラーがセリーナ・ウィリアムズ騒動に意見 過ちがなされた」と特集したのは、英地元紙「デイリー・エクスプレス」だった。記事によると、フェデラーは豪州のテレビ局に登場し、今回の騒動について初めて語ったことを紹介している。

「興味深い。しかし、大事なことはしっかりと検証することだ。アンパイアにはそれぞれのスタイルというものがある。どのスポーツでも同じことだけどね」

 試合ではセリーナが第1セットを落として迎えた第2セットで客席からコーチに指導を受けたとしてカルロス・ラモス主審に警告を受け、自制心を失った。ラケット破壊、主審への度重なる暴言に加え、「盗人」呼ばわりなどでペナルティを受けていた。しかし、記事ではフェデラーが冷静な指摘を行っている。

「テニスの世界にはコーチングバイオレーションをより言い渡す主審もいれば、タイムバイオレーションをよく取る人もいる。その選手に対しては素行が良くないとみなしている主審と当たることもある。そういう時は、早めに警告を出すこともあるし、彼は本当にいいヤツなんだけど、ただ自制心が足りないだけだから、寛大に対応しようということもある。状況次第だと考えている」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集