[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

セリーナ暴言、渦中の主審に全米協会長が謝罪 1度は女王擁護も、事実誤認で

テニスの4大大会、全米オープン女子シングルスを制した世界ランク7位・大坂なおみ(日清食品)。決勝の相手となったセリーナ・ウィリアムズ(米国)はカルロス・ラモス主審に暴言を吐き、ラケット破壊などの行動を見せた後、記者会見で性差別を主張。全米テニス協会のカトリーナ・アダムス会長はセリーナの肩を持ち、主審を批判していたが、事実誤認の事態が判明。渦中の主審に手のひら返しの謝罪に出たことが発覚した。英地元紙「デイリー・テレグラフ」が報じている。

カルロス・ラモス主審【写真:Getty Images】
カルロス・ラモス主審【写真:Getty Images】

セリーナから暴言を受けたラモス主審に米テニス協会のアダムス会長が謝罪

 テニスの4大大会、全米オープン女子シングルスを制した世界ランク7位・大坂なおみ(日清食品)。決勝戦の相手となったセリーナ・ウィリアムズ(米国)はカルロス・ラモス主審に暴言を吐き、ラケット破壊などの行動を見せた後、記者会見で性差別を主張。全米テニス協会のカトリーナ・アダムス会長はセリーナの肩を持ち、主審を批判していたが、事実誤認の事態が判明。渦中の主審に手のひら返しの謝罪に出たことが発覚した。英地元紙「デイリー・テレグラフ」が報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 全米オープンでセリーナに「盗人」呼ばわりされるなど、再三の暴言を浴びたラモス主審。客席からのコーチからの指導、ラケット破壊、暴言というコードバイオレーションに適切な罰則を下したのだが、試合中はセリーナ贔屓のファンからブーイングを浴びた。

 試合後にはセリーナからペナルティの基準について「性差別があった。男子ではこうはならない」と標的にされていた。この件について、アダムス会長は中継局「ESPN」で「公平性が存在しなかった」とポルトガル人主審を批判していた。

 大坂のグランドスラム初優勝となった大会。“セリーナ劇場”の影響で、世界的な注目を浴びることになったラモス主審は、同紙によると、14日に行われるクロアチア・サダルで行われるデビス杯の米国対クロアチア戦を裁くことが決まった。クロアチアの地で、ラモス氏と再会したアダムス氏は直接謝罪したことも伝えている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集