[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみが「歴史打ち立てた」 日本人初快挙を海外続々速報「冷静さと優雅さ」

大坂なおみが「歴史打ち立てた」 日本人初快挙を海外続々速報「冷静さと優雅さ」

テニスの今季4大大会最終戦、全米オープンは8日(日本時間9日)、女子シングルス決勝で世界ランク19位の大坂なおみ(日清食品)が元世界1位の女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)に6-2、6-4でストレート勝ち。日本人史上初のグランドスラム優勝の快挙を成し遂げた。海外メディアも続々と20歳の新女王誕生を速報。「歴史を打ち立てた」「冷静さと優雅さ」「世代間激突で勝利」と次々に称賛している。

全米オープンを制した大坂なおみ【写真:Getty Images】
全米オープンを制した大坂なおみ【写真:Getty Images】

大坂の歴史的快挙を海外メディアが続々速報

 テニスの今季4大大会最終戦、全米オープンは8日(日本時間9日)、女子シングルス決勝で世界ランク19位の大坂なおみ(日清食品)が元世界1位の女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)に6-2、6-4でストレート勝ち。日本人史上初のグランドスラム優勝の快挙を成し遂げた。海外メディアも続々と20歳の新女王誕生を速報。「歴史を打ち立てた」「冷静さと優雅さ」「世代間激突で勝利」と次々に称賛している。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 英地元紙「ガーディアン」は「セリーナ・ウィリアムズは審判を厳しく批判する中、見事なナオミ・オオサカが全米オープンで優勝する」と特集。

「長年冷静さと優雅さを追求してきたナオミ・オオサカが、自らのテニスに刺激を与えてきたセリーナ・ウィリアムズの衝撃的な自滅を無視した。彼女は土曜日の夜、全米オープン決勝で傷心の敗北の要因となる3度のコードバイオレーションを受けた後、涙に濡れた」

 コーチから指示を受けたことでペナルティを言い渡されたセリーナは大坂に圧倒される中、主審に次々に暴言。ラケット破壊という行動に出たが、新女王は優雅さと冷静さを保ったと称賛されている。

 米経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」も速報。「若きテニススター、ナオミ・オオサカが自身のヒーローでもあるセリーナ・ウィリアムズを全米オープン史上で最も議論の残る試合で倒した」と報じた。ウィリアムズの主審に対する「泥棒」などの罵声など度重なる問題行動を指摘している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー