[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平は「超レア会の一員に」 ルース以来の“99年ぶり弾”に米メディア絶賛

大谷翔平は「超レア会の一員に」 ルース以来の“99年ぶり弾”に米メディア絶賛

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、本拠地ロッキーズ戦に「4番・DH」で2試合ぶりにスタメン出場。第2打席で左中間へ逆転15号3ランを放った。ベーブ・ルース以来の99年ぶりの記録もついてきた一発を米メディアもこぞって絶賛。「大谷は超レア会の一員に」などと報じている。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

打つたびに記録が生まれる大谷、ルース以来の同一シーズン15発&4勝

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、本拠地ロッキーズ戦に「4番・DH」で2試合ぶりにスタメン出場。第2打席で左中間へ逆転15号3ランを放った。ダイヤモンドを一周し、ホームイン後には可愛らしい「マリオジャンプ」のパフォーマンスを披露。球団公式ツイッターが動画付きで紹介し、話題を呼んでいたが、ベーブ・ルース以来の99年ぶりの記録もついてきた一発を米メディアもこぞって絶賛。「大谷は超レア会の一員に」などと報じている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 大谷が打つたびにメジャー史に名を残している。1-2の4回無死二、三塁。2球目の93.7マイル(約151キロ)の直球を完璧に捉えた。放たれた打球はぐんぐん伸び、失速することなく左中間フェンスを越えた。15号逆転3ラン。熱狂に沸く本拠地の歓声を浴びながらダイヤモンドを一周し、フレッチャーに迎え入れられると、右手と右足を上げて跳び、「マリオジャンプ」を見せた。

 地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」は「エンゼルスが6戦未勝利に終止符、大谷は超レア会の一員に」と見出しを打って特集。記事では1888年のジミー・ライアン、1919年のベーブ・ルース以来となる同一シーズンの15本塁打&4勝を達成したことを紹介し、「これは、天才の状態が良くなっているからこそだ」と怪我から復活した二刀流を99年ぶりの快記録とともに称えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー