[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【MLB】日本でも見覚え? ホームラン級の“宇宙開発”投球に米笑撃「あと少しで場外だよ」

【MLB】日本でも見覚え? ホームラン級の“宇宙開発”投球に米笑撃「あと少しで場外だよ」

米大リーグで衝撃の“大暴投”が誕生した。直前にかかったタイムに投球動作が止まらずにすっぽ抜け、あろうことかバックネットを越え客席に着弾。信じられない“宇宙開発”をMLBが動画付きで紹介し、米ファンは「あと少しで場外だよ」などと笑撃が走っている。

ナショナルズからアスレチックスに移籍してきたショーン・ケリー【写真:Getty Images】
ナショナルズからアスレチックスに移籍してきたショーン・ケリー【写真:Getty Images】

タイムに投球動作が止まらず…バックネット越えの1球が話題「消えてしまった」

 米大リーグで衝撃の“大暴投”が誕生した。直前にかかったタイムに投球動作が止まらずにすっぽ抜け、あろうことかバックネットを越え客席に着弾。信じられない“宇宙開発”をMLBが動画付きで紹介し、米ファンは「あと少しで場外だよ」などと笑撃が走っている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 その瞬間、球場の誰もが目が点となった。まさかの1球を演じたのは、5日にナショナルズからアスレチックスに移籍したショーン・ケリー投手だ。19日(日本時間20日)のアストロズ戦だった。

 6回無死一塁、打者ゴンザレスを迎えた場面、カウント0-1、一塁走者の足を警戒しながらじっくりと間を置いた。そして、素早いクイックで投げようとする直前、間を嫌った打者ゴンザレスが右手を挙げ、タイムをかけた。審判も両手を挙げ、タイムをコールする。次の瞬間だ。

 まさに投球動作に入るのと重なってしまった。ケリーは動きを止めようとしたが、白球は指からすっぽ抜け、山なりの弧を描き、あらぬ方向へ。なんとバックネットを越え、客席に入ってしまったのだ。騒然とするスタジアム。最前列のファンは後方を振り返って視線を注ぎ、実況席は爆笑となった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー