[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「98メートルの衝撃」― 超人中堅手の“遠すぎる一塁送球”に米戦慄「これは何だ」

「98メートルの衝撃」― 超人中堅手の“遠すぎる一塁送球”に米戦慄「これは何だ」

米大リーグで中堅手が左右間最深部で捕球し、フェンス際から一塁へダイレクト送球。飛び出していた一塁走者をアウトにする衝撃の大遠投を演じた。その距離、321フィート(約97.8メートル)。超人的な1球をMLBが動画付きで公開すると、米ファンに「これは何だ」「見るのを止められない」「キャノン・オブ・ザ・イヤー」などと驚愕が広がっている。

ラモン・ロリアーノ【写真:Getty Images】
ラモン・ロリアーノ【写真:Getty Images】

左中間フェンス間際から一塁へダイレクト送球に衝撃「キャノン・オブ・ザ・イヤー」

 米大リーグで中堅手が左右間最深部で捕球し、フェンス際から一塁へダイレクト送球。飛び出していた一塁走者をアウトにする衝撃の大遠投を演じた。その距離、321フィート(約97.8メートル)。超人的な1球をMLBが動画付きで公開すると、米ファンに「これは何だ」「見るのを止められない」「キャノン・オブ・ザ・イヤー」などと驚愕が広がっている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 なぜ、そこから届くのか。人間離れした1球の送球で驚愕を呼んでいるのは、アスレチックスのラモン・ロリアーノ外野手だ。11日(日本時間12日)の敵地エンゼルス戦、5点リードして迎えた3回1死一塁の場面だ。

 アップトンが放った大飛球が左中間を襲う。これに反応したのが、中堅手のロリアーノだ。快足を飛ばし、猛ダッシュ。走りながら間一髪でキャッチしてみせた。しかし、ここまでなら“普通”の好プレー。衝撃の瞬間は直後に訪れた。一塁走者は抜けると確信して疾走し、二塁も蹴っていた。これを見逃さなかった。

 勢い余って左中間フェンスの目前まで到達したロリアーノ。しかし、すぐに向き直ると、2、3歩助走をつけて右腕をぶん回した。放たれた白球は高々と舞う。内野を中継するつもりなんかない。一塁ダイレクト送球を狙ったのだ。まるでホームランかのような放物線を描く。そして――。

 内野手が見上げた上空を3.5秒ほど宙を舞い、通過した白球はなんとダイレクトで一塁手のミットに届いたのだ。一塁走者も間一髪戻り切れずにアウト。投手は思わず、バンザイした。敵地にもかかわらず、エンゼルスタジアムには大歓声が沸き起こった。それほどの衝撃プレーだった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー