[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ガルシア、「最強の敗者」と決別できた理由「うまくいかなくても前向きで」

米男子ゴルフのメジャー初戦、マスターズは9日(日本時間10日)、米ジョージア州オーガスタのオーガスタ・ナショナルGCで最終ラウンドが行われ、首位タイでスタートしたセルヒオ・ガルシア(スペイン)が「68」でスコアを4つ伸ばし、通算10アンダーで並んだジャスティン・ローズ(イギリス)とのプレーオフを制し、初優勝。通算74度目のメジャー挑戦で悲願を成就した要因について「うまくいかないことがあっても、ポジティブでいられた」と明かした。米全国紙「USAトゥデー」が伝えた。

74度目でメジャー初Vの裏に“心の充実”「どんなメジャーよりも落ち着いていた」

 米男子ゴルフのメジャー初戦、マスターズは9日(日本時間10日)、米ジョージア州オーガスタのオーガスタ・ナショナルGCで最終ラウンドが行われ、首位タイでスタートしたセルヒオ・ガルシア(スペイン)が「68」でスコアを4つ伸ばし、通算10アンダーで並んだジャスティン・ローズ(イギリス)とのプレーオフを制し、初優勝。通算74度目のメジャー挑戦で悲願を成就した要因について「うまくいかないことがあっても、ポジティブでいられた」と明かした。米全国紙「USAトゥデー」が伝えた。

「神の子」と呼ばれたガルシアが、ついにメジャータイトルを手にした。プレーオフも含め、通算73ホールにわたる死闘を制して優勝。過去73度、メジャーの舞台で善戦しながらも敗れ続けた男が「最強の敗者」の称号と決別した。

 記事によると、ガルシアは「上手くプレーできていたし、非常に落ち着いていた。恐らく、今まで経験した日曜日のどんなメジャーよりも、落ち着いていたと思う」と話したという。

 後半の10、11番で連続ボギーを喫し、ローズに一時は2打差をつけられながら崩れることなく、14番パー4でバーディ、15番パー5でイーグルと巻き返し、プレーオフに持ち込んだ。驚異の粘りの裏には、精神面の充実があったようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集