[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、11秒の“高速ベーラン”に米ファン喝采「オオタニのニンジャ・スピード」

大谷翔平、11秒の“高速ベーラン”に米ファン喝采「オオタニのニンジャ・スピード」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地アストロズ戦に「5番・DH」でスタメン出場。1安打を放ったが、最も球場を沸かせたのは2回に一塁から快足を飛ばし、一気に生還した“高速ベーラン”だった。米メディアは「必見」と評して圧巻の11秒を動画付きで公開し、怪物の足にスポットライトを浴びせている。米ファンからは「オオタニのニンジャ・スピード」と喝采が沸き起こった。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

左越え二塁打で一塁から一気生還の韋駄天に脚光、現地メディアは「必見」と紹介

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地アストロズ戦に「5番・DH」でスタメン出場。1安打を放ったが、最も球場を沸かせたのは2回に一塁から快足を飛ばし、一気に生還した“高速ベーラン”だった。米メディアは「必見」と評して圧巻の11秒を動画付きで公開し、怪物の足にスポットライトを浴びせている。米ファンからは「オオタニのニンジャ・スピード」と喝采が沸き起こった。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 大谷が走ると、塁間が短く見える。抜群の脚力を発揮したのは、2回の場面だ。先頭打者として四球を選び、出塁した大谷。再三の牽制を受けながら4球目にスタートを切った。そして、これをキンズラーがジャストミート。レフトオーバーをとなるのを確信すると、怪物のエンジンは全開になった。

 二塁を蹴って大きなストライドで三塁へ。ワンバウンドで跳ね返ったボールを左翼手がダイレクトでキャッチして振り返る頃には背番号17は三塁も蹴ろうとしていた。レフト方向を振り返る余裕も見せながら、最後は捕手のもとに返球されるよりも早く、足から滑り込んで悠々と生還してみせた。

 一気に沸き上がるスタジアム。だが、大谷は涼し気な顔をしながら息を切らす素振りもなく、軽やかな足取りでベンチに戻り、仲間とハイタッチを交わしていた。米スポーツ専門局「FOXスポーツウェスト」は「必見:ショウヘイ・オオタニが快走して一塁から生還」と題して紹介し、公式ツイッターに動画を公開している。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー