[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

両肘手術から1年、申ジエ復活のツアー27勝目 開幕戦で歓喜「気持ち抑えられません」

女子ゴルフの国内ツアー開幕戦・ダイキンオーキッドレディスは5日、沖縄・琉球GC(6560ヤード、パー72)で最終日が行われ、元世界ランキング1位の申ジエ(韓国)が3バーディー、2ボギーの71で回り、通算10アンダーで優勝した。JLPGAツアー通算27勝目。昨季は優勝がなく、会見で「久しぶりだから、気持ち的にとっても嬉しくて、何を話せばいいのか気持ちを抑えられません」と喜びを語った。

ダイキンオーキッドレディスで優勝した申ジエ【写真:Getty Images】
ダイキンオーキッドレディスで優勝した申ジエ【写真:Getty Images】

女子ゴルフ開幕戦・ダイキンオーキッドレディス

 女子ゴルフの国内ツアー開幕戦・ダイキンオーキッドレディスは5日、沖縄・琉球GC(6560ヤード、パー72)で最終日が行われ、元世界ランキング1位の申ジエ(韓国)が3バーディー、2ボギーの71で回り、通算10アンダーで優勝した。JLPGAツアー通算27勝目。昨季は優勝がなく、会見で「久しぶりだから、気持ち的にとっても嬉しくて、何を話せばいいのか気持ちを抑えられません」と喜びを語った。

【注目】鉄人・鳥谷敬が『チアスタ!』に挑戦 社会貢献「レッドバードプロジェクト」で募る応援

 最後も見事なバーディー締めだった。ボギーでも優勝だった最終18番パー5。申ジエは3.5メートルのウイニングパットを沈め、右腕を突き上げた。ギャラリーから惜しみない拍手を浴び、関係者から祝福されて笑顔も見せた。優勝は2021年7月の大東建託・いい部屋ネットレディス以来。「去年も優勝はできなかったけど、自分の中では頑張った1年。そんなに長くは感じなかったです」と振り返りながら、「私の周りと手術をした先生と病院が、本当に(優勝を)待っていたかなと思う」と語った。

 昨年のダイキンオーキッドレディスは50位。痛みを抱えながら次戦会場の高知に入ったが、トレーナーの勧めもあって両肘を手術した。「肘の中に異物ができていて、その異物を取り除きました」。痛みが消えた今季開幕戦で結果を出した。

 同じ韓国出身で、ともにツアーを盛り上げてきたイ・ボミが、今季限りでの日本ツアー引退を表明している。「『自分(申ジエ)が頑張るのを見に来るよ』といっていたので、そうじゃなくて、もっと一緒に試合で頑張りたい、一緒に頑張ろうと言いました」。申ジエには、まだまだ勝利を重ねる意欲がある。

 大台のツアー30勝まであと3勝になった。14年の本格参戦から今年で10年。以前から目指している日本ツアーの年間女王も諦めていない。「日本にきて、周りと約束したことなので。最後まで体力が大事だと思うので、体力を維持できれば、いいプレーとかいい結果がついてくる」。節目の一年を、最高の形でスタートした。

(THE ANSWER編集部)


DAZN Beyond

W-ANS-ACADEMY
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子が使うワコールのスポーツ用ショーツ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集