[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 失意のブラジル、母国紙は指揮官続投を支持 「腐敗した連盟が再誕を示す機会だ」

失意のブラジル、母国紙は指揮官続投を支持 「腐敗した連盟が再誕を示す機会だ」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は6日、準々決勝を行い、ブラジルはベルギーに1-2で敗戦。2大会連続での4強入りはならなかった。2002年の日韓大会以来、優勝から遠ざかっている王国ブラジル。母国紙は「終わりではなく始まり」と強調し、チッチ監督の続投を提言している。

試合後にうつむくネイマール【写真:Getty Images】
試合後にうつむくネイマール【写真:Getty Images】

ブラジルの敗退を母国紙はどう見たのか

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は6日、準々決勝を行い、ブラジルはベルギーに1-2で敗戦。2大会連続での4強入りはならなかった。2002年の日韓大会以来、優勝から遠ざかっている王国ブラジル。母国紙は「終わりではなく始まり」と強調し、チッチ監督の続投を提言している。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 母国開催だった前回大会は準決勝でドイツに1-7という記録的大敗。今大会では4強にも進めなかった。ブラジル紙「エスタード・デ・サンパウロ」は「敗北は終わりではなく始まり」と題して、特集を組んでいる。

「我々はもはや南米予選を1位通過したところで自慢してはいられない、なぜなら隣国たちは少数を除いて低いレベルだからだ」

 8強に進んだウルグアイ、ブラジルが共に敗れた。ライバル・アルゼンチンも16強で敗退するなど、南米勢が早々に全滅。欧州勢の上位独占が決まった。ここ3大会連続で優勝を欧州勢に奪われている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー