[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥出場のWBSS、ドネアに加え元スーパー王者も 参戦決定7人中6人が王者経験者

井上尚弥出場のWBSS、ドネアに加え元スーパー王者も 参戦決定7人中6人が王者経験者

ボクシングで日本人最速での3階級制覇を成し遂げた井上尚弥(大橋)。バンタム級の頂上決戦、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)への参戦を表明しているが、この世界最高の舞台に、元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)に加え、元WBA世界バンタム級スーパー王者ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ)が参戦することが明らかになった。ESPNが報じている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

WBSSに元WBAバンタム級スーパー王者のパヤノの参戦が決定

 ボクシングで日本人最速での3階級制覇を成し遂げた井上尚弥(大橋)。バンタム級の頂上決戦、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)への参戦を表明しているが、この世界最高の舞台に、元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)に加え、元WBA世界バンタム級スーパー王者ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ)が参戦することが明らかになった。ESPNが報じている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 WBAスーパー王者のライアン・バーネット(英国)、WBO王者のゾラニ・テテ(南アフリカ)、IBF王者のエマニュエル・ロドリゲス(プエルトリコ)の参戦がすでに決定しているWBSSに、新たな猛者の参戦が決まった。

 パヤノは34歳の老獪なサウスポー。2016年6月にルーシー・ウォーレンとの防衛戦で判定負けを喫し、WBAスーパー王座とIBO王座の防衛に失敗していたが、そこから3連勝。20勝(9KO)1敗の戦歴を誇っている。関係者によると、パヤノの参戦は数日中に正式発表される見込みだという。

 バーネット、テテ、ロドリゲス、井上に加え、WBA2位でロドリゲスの指名挑戦者となる17戦全勝の男ジェイソン・モロニー(オーストラリア)、ドネアに続き、パヤノが7人目の参戦となる。これで7人のうち、モロニーを除く6人が現王者、元王者となった。

 最後の1人が誰になるのか。大きな注目が集まっている。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー