[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 香川真司を労うベルギー10番の姿が美しい 海外メディアが写真公開「なんとも気品あることだ」

香川真司を労うベルギー10番の姿が美しい 海外メディアが写真公開「なんとも気品あることだ」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は2日(日本時間3日)、決勝トーナメント1回戦で日本はベルギーに2-3で敗れ、史上初の8強進出を逃した。一時は2点をリードしながらも、最後は後半アディショナルタイムにカウンターから決勝点を許した。死力を尽くして戦い抜いた両チームは、試合後には健闘をたたえ合ったが、海外メディアが感動的なシーンにスポットライトを浴びせている。

香川真司【写真:Getty Images】
香川真司【写真:Getty Images】

ピッチに寝転がる香川に、手を差し伸べるアザールの姿に海外が注目

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は2日(日本時間3日)、決勝トーナメント1回戦で日本はベルギーに2-3で敗れ、史上初の8強進出を逃した。一時は2点をリードしながらも、最後は後半アディショナルタイムにカウンターから決勝点を許した。死力を尽くして戦い抜いた両チームは、試合後には健闘をたたえ合ったが、海外メディアが感動的なシーンにスポットライトを浴びせている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 精魂尽き果てたのだろう。すぐには現実を受け入れられなかったのかもしれない。MF香川真司はピッチに仰向けに寝転がり、天を仰いだ。日本が誇る10番のもとに歩み寄ったのはベルギーの10番だった。

 エデン・アザールは目を閉じる香川を労うように、顔を覗き込みながら、何事か声をかけているようにも見える。そして手を差し伸べて、力強い握手を交わしている。またロメル・ルカクも香川の元に歩み寄って、握手を交わしながら、体を引き起こしている。ほかにもケビン・デブライネがうなだれる昌子に労う場面もあった。

 試合が終われば、相手をリスペクトし合うもの同士。試合後の美しいスポーツマンシップの光景を、英公共放送「BBC」の番組「マッチ・オブ・ザ・デイ」公式ツイッターが数枚の写真と共に公開している。

「試合終了の笛が鳴ると、ベルギーの選手たちは精根尽き果てた日本代表を慰めた。なんとも気品あることだ」と文言をつけている。

 ベルギーの選手にとって、日本の選手はリスペクトの対象だったことは間違いない。日本人にとっては誇らしいシーンだった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー