[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • なぜスペインは負けたのか? 4つの敗因を母国紙が特集「低調な選手、監督の采配…」

なぜスペインは負けたのか? 4つの敗因を母国紙が特集「低調な選手、監督の采配…」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は1日、決勝トーナメント1回戦でスペインがロシアに1-1(PK3-4)で敗れ、16強でまさかの敗退を喫した。前半39分にDFジェラール・ピケがエリア内で痛恨のハンドを犯し、PKで追いつかれると、その後は圧倒的にボールを支配しながらも決め手を欠いた。開催国ロシアに大金星を献上した“無敵艦隊”。母国メディアは、“戦犯”を探る特集を組んでいる。

16強でまさかの敗退を喫したスペイン代表【写真:Getty Images】
16強でまさかの敗退を喫したスペイン代表【写真:Getty Images】

早すぎる終戦、スペイン紙が「敗退の戦犯たち」を特集

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は1日、決勝トーナメント1回戦でスペインがロシアに1-1(PK3-4)で敗れ、16強でまさかの敗退を喫した。前半39分にDFジェラール・ピケがエリア内で痛恨のハンドを犯し、PKで追いつかれると、その後は圧倒的にボールを支配しながらも決め手を欠いた。開催国ロシアに大金星を献上した“無敵艦隊”。母国メディアは、“戦犯”を探る特集を組んでいる。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

「スペインのワールドカップ敗退の戦犯たち」と題して大会を振り返っているのは、スペイン紙「20ミヌートス」だった。

 早すぎる敗退の原因はどこにあるのか。同紙は4つのポイントに絞って、敗因を分析している。

 まず同紙が挙げたポイントが「選手」だった。

「W杯が始まって、デ・ヘアに始まりピケ、ラモスに続きイニエスタ、チアゴ、ダビド・シルバ、そしてFW陣の低調なパフォーマンスも目を引いた。スペインより力が落ちるイランに唯一の勝利をあげながらもモロッコ、ロシア……。これらのチームはスペインのトップレベルの選手達を止める事ができた」

 選手のパフォーマンスが軒並み低調だったことを指摘している。従来通りのパスサッカーは機能してはいたが、フィニッシュの精度を欠き、想定したような試合運びにできなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー