[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 日本戦のセネガル審判起用は「大きな波紋を呼ぶ懸念」 海外メディアが疑問符

日本戦のセネガル審判起用は「大きな波紋を呼ぶ懸念」 海外メディアが疑問符

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は2日(日本時間3日)、日本代表は決勝トーナメント1回戦で優勝候補のベルギーと対戦する。史上初のベスト8進出を懸けた運命の一戦となるが、その大一番のレフェリーに“因縁”のセネガル人審判団が起用されることに、海外メディアは懐疑的な目を向けている。

日本とベルギーによる一戦で主審を務めるマラン・ディエディウ氏【写真:Getty Images】
日本とベルギーによる一戦で主審を務めるマラン・ディエディウ氏【写真:Getty Images】

海外メディアがセネガル人審判の起用に疑問符

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は2日(日本時間3日)、日本代表は決勝トーナメント1回戦で優勝候補のベルギーと対戦する。史上初のベスト8進出を懸けた運命の一戦となるが、その大一番のレフェリーに“因縁”のセネガル人審判団が起用されることに、海外メディアは懐疑的な目を向けている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

「FIFAは驚くことに、ベルギーと日本が対決する決勝トーナメントの試合で、セネガル出身のレフェリーを起用することにした」

 こう伝えているのはナイジェリア紙「Vanguard」だった。

 FIFAは日本-ベルギー戦の審判団5人を発表。そのうち主審のマラン・ディエディウ氏、副審のジブリル・カマラ氏とエル・ハジ・サムバ氏の3人がセネガル出身だった。日本とセネガルは1次リーグの同組で、勝ち点、得失点差、総得点で並び最後は「フェアプレーポイント」(警告数)の差で日本が上回り、2位突破を決めた。

「レフリーの質や公正さはどんな国や組織が絡む試合においても揺らがない」

 同紙は、FIFAの審判委員会で委員長を務めるピエルルイジ・コッリーナ氏が金曜日、メディアに対してこのように語ったことを伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー