[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

仏競馬で生まれた神騎乗の反響拡大 大胆進路取りでの圧勝劇にファン脱帽「これは凄い」

仏競馬で名手による神騎乗の反響が拡大している。フランス・サンクルー競馬場で9日に行われたレースで、英ダービーなど大レース制覇経験があるフランスの名手が、途中で大胆な進路変更を見せて見事に1着でゴール。海外ファンからは「またもや魅せた」「年間最高騎乗の可能性がある」など。

ミカエル・バルザローナ騎手【写真:Getty Images】
ミカエル・バルザローナ騎手【写真:Getty Images】

仏サンクルー競馬場で行われた長距離レース

 仏競馬で名手による神騎乗の反響が拡大している。フランス・サンクルー競馬場で9日に行われたレースで、英ダービーなど大レース制覇経験があるフランスの名手が、途中で大胆な進路変更を見せて見事に1着でゴール。海外ファンからは「またもや魅せた」「年間最高騎乗の可能性がある」など。

 大胆すぎるレース運びが度肝を抜いた。9日のサンクルー競馬場の第5レース「デニシーリステッドステークス」(芝3100メートル、9頭立て)でミカエル・バルザローナ騎手が騎乗したドイツ馬ノームフリーゲリンは道中2番手でコーナーに突入。しかし、インコースを回る他馬の集団から離れて、何と外ラチ沿いに馬を導いた。馬場の内側が荒れているためか、内の7頭もラチから離れた馬場の中央を走ったが、ノームフリーゲリンともう1頭はさらに離れた外側を走った。

 しかし、次のコーナーに差し掛かると、ノームフリーゲリンは一気に内ラチ沿いに進路を変更。ハナを切る形となって最終コーナーを迎えた。直線は後続集団の7頭がインを避けて大外に進路を変更。それでもノームフリーゲリンは逆に内ラチから離れず、変幻自在の手綱捌きで2着馬に6馬身差をつけて圧勝した。

 英専門メディア「アット・ザ・レーシーズ」公式ツイッターは「脱帽。サンクルーでのミカエル・バルザローナの信じられないような騎乗!」の文面とともに映像を公開。海外ファンからは「これは凄い」「エプソムでのダービー制覇騎手がまたもや魅せた!」「年間最高騎乗の可能性ある」「これ試みるなんて肝が据わってるな」「衝撃的だ」「見たことない」といった反響が寄せられている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集