[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

寺地拳四朗、京口紘人に7回TKO勝ちで王座統一! 日本人5人目快挙、譲らぬ激闘に観客喝采

ボクシングのWBC&WBAスーパー世界ライトフライ級(48.9キロ以下)2団体王座統一戦12回戦が1日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBC王者・寺地拳四朗(BMB)がWBAスーパー王者・京口紘人(ワタナベ)に7回2分36秒TKO勝ち。日本人5人目の複数団体王座統一に成功した。10年ぶり2度目の日本人同士による王座統一戦となり、寺地は初防衛戦(通算9度目)、京口は5度目の防衛戦だった。戦績は30歳の寺地が20勝(12KO)1敗、28歳の京口が16勝(11KO)1敗。

7回、右ストレートで京口を沈めた寺地拳四朗【写真:荒川祐史】
7回、右ストレートで京口を沈めた寺地拳四朗【写真:荒川祐史】

Amazon プライム・ビデオで独占生配信

 ボクシングのWBC&WBAスーパー世界ライトフライ級(48.9キロ以下)2団体王座統一戦12回戦が1日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBC王者・寺地拳四朗(BMB)がWBAスーパー王者・京口紘人(ワタナベ)に7回2分36秒TKO勝ち。日本人5人目の複数団体王座統一に成功した。10年ぶり2度目の日本人同士による王座統一戦となり、寺地は初防衛戦(通算9度目)、京口は5度目の防衛戦だった。戦績は30歳の寺地が20勝(12KO)1敗、28歳の京口が16勝(11KO)1敗。

 待望の一戦は、緊張感が漂う中で始まった。寺地はトゲが多数つけられた真っ白なガウンでリングイン。京口は上下ともにヒョウ柄の装いで登場した。序盤から寺地は右ストレートで顔面をとらえるなど手数を出し、京口も応戦する展開。5回、寺地の右ストレートが炸裂。京口がたまらずダウンした。拳四朗コールの中、仕留めにかかったが京口は耐える。ラウンド終盤は逆にコーナーに追い詰め、猛攻を仕掛けると場内は大歓声となった。

 譲らず迎えた両者の決着は7回、寺地の右ストレートが再び京口の顔面に炸裂した。京口がロープに倒れたところでレフェリーが試合を止め、寺地の勝利が決まった。京口のダウンはIBF世界ミニマム級王者だった18年5月のビンス・パラス(フィリピン)戦以来、アマ時代を含めても人生2度目だった。

 日本人同士の王座統一戦は、2012年6月にWBC世界ミニマム級王者・井岡一翔がWBA王者・八重樫東に判定勝ちして以来10年ぶり2度目。国内では寺地優位の声が上がっていたが、英大手ブックメーカー・ウィリアムヒル社のオッズ(1日午後5時)では、京口1.61倍、寺地2.30倍とされるなど、決着の予想が難しい好カードだった。

 ファンも、本人たちも待ち望んだビッグマッチだった。WBC王座を8度も防衛したことのある寺地と、4度防衛中の京口。アマチュア時代は寺地の3勝1敗だった。プロ転向後は寺地がライトフライ級、京口が1つ下のミニマム級で世界王者に。公式戦ではなく、17年4月にエキシビションで拳を交えただけだった。

 しかし、京口が18年9月にライトフライ級へ転向し、互いの関係は急接近した。同年12月に後楽園ホールで3分×2回の公開スパー。初回は京口がパワースタイルで押し込んだ一方、2回は寺地が距離を取り、得意の左ジャブ連発で翻弄した。当時からともに対戦を熱望。直後に京口が2階級制覇を果たし、2人は防衛するたびに「次は統一戦を」と願っていた。

 日本人世界王者の複数団体統一は、井岡一翔、高山勝成、田口良一、井上尚弥の過去4人。井上は今年6月に日本人唯一の3団体統一を果たし、12月13日にポール・バトラー(英国)との4団体統一戦(東京・有明アリーナ)を予定している。

 今回はダブルメインカードとして、WBO同級2位・岩田翔吉(帝拳)が王者ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)に世界初挑戦したが、0-3の判定負け。同じ階級の3団体の王者が同日同会場で試合をする異例の興行となり、ゴンサレスは試合後に「俺はWBOのチャンピオン。ヒロト、ケンシロウの勝者とここ日本で勝負をしたい」と3団体統一戦を熱望していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集