[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ゴミ拾い以外も「クールジャパン」 日本&セネガルサポの“アニソン熱唱”に海外脚光

ゴミ拾い以外も「クールジャパン」 日本&セネガルサポの“アニソン熱唱”に海外脚光

サッカーのワールドカップ(W杯)は選手のみならず、サポーター同士の交流を生む。日本サポーターが第2戦で対戦したセネガルサポーターと日本のアニメソングを熱唱するシーンが話題を呼んでいる。海外メディアが動画を公開し、海外ファンから「ムギワラのファンたちか」「新しいナカマだ」と反響を呼んでいる。

両国ファンが駆け付けた日本対セネガル【写真:Getty Images】
両国ファンが駆け付けた日本対セネガル【写真:Getty Images】

これも「クールジャパン」!? ワンピース主題歌熱唱の動画を海外メディア紹介

 サッカーのワールドカップ(W杯)は選手のみならず、サポーター同士の交流を生む。日本サポーターが第2戦で対戦したセネガルサポーターと日本のアニメソングを熱唱するシーンが話題を呼んでいる。海外メディアが動画を公開し、海外ファンから「ムギワラのファンたちか」「新しいナカマだ」と反響を呼んでいる。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

「クールジャパン」の文化が、W杯の地で友好の懸け橋となった。米スポーツ専門局「FOXスポーツアジア」は「ワールドカップでファンが団結するのはフットボールだけじゃない」とつづり、セネガルサポーターの男性が公開した動画を引用する形で紹介している。

 セネガルのユニホームを着た男性。自撮りをしながら流しているメロディーは日本人なら聞いたことがあるだろう。大人気アニメワンピースの主題歌「ウィーアー」だ。すると歩きながら近くにいた日本のユニホームを着た3人と熱唱を始めたのだ。

 そろって声を張り上げ、途中からは肩を組んでボルテージが最高潮になると、最後は全員で「ウィーアー!」と絶叫。「アリガトー」「サンキュー」とハイタッチで締めくくられている。

 熱戦を繰り広げた後で見せた心温まる交流。投稿では「セネガルと日本のファンが日曜の引き分け後、日本のアニメ『ワンピース』の主題歌を一生に歌う!」と紹介し、映像を観た海外ファンからは「素晴らしい」「尊敬する」「これ大好き」という歓喜の声から「ムギワラのファンたちか」「新しいナカマだ」とワンピースのストーリーにかけた声まで相次いでいた。

 ワンピースは日本はもちろん、世界で人気を誇る大人気アニメ。それだけにサポーターの心をつなぐアイコンになれるのだろう。今大会は日本が“パイオニア”とされる客席清掃がセネガルをはじめ、各国に波及し、話題を呼んでいたが、これもまた日本らしさを象徴するようなシーンとなった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー