[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

京口紘人、世界的大物プロモーターから“ロマゴン化”指令「そういう選手にならないと」

ボクシングのWBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(BMB)とWBA世界同級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)が11月1日にさいたまスーパーアリーナで王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行う。京口は10月26日、都内の所属ジムで練習を公開。大一番に向け、世界的大物プロモーターから“ロマゴン化”の指令を受けた。

エディ・ハーン氏にパソコン画面越しで激励された京口紘人【写真:浜田洋平】
エディ・ハーン氏にパソコン画面越しで激励された京口紘人【写真:浜田洋平】

「11.1」寺地拳四朗戦へ所属ジムで公開練習

 ボクシングのWBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(BMB)とWBA世界同級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)が11月1日にさいたまスーパーアリーナで王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行う。京口は10月26日、都内の所属ジムで練習を公開。大一番に向け、世界的大物プロモーターから“ロマゴン化”の指令を受けた。

 京口はピリピリムードはなく、終始明るい雰囲気で汗を流した。シャドーの後は激しいミット打ち。ボディー、フック、アッパーと多彩なコンビネーションを披露した。サンドバッグ打ちまで1時間。その後30分はバイクをこぎ、ストレッチでクールダウンした。

 練習前の会見では、プロモート契約を結ぶ英興行大手・マッチルーム社でプロモーターを務めるエディ・ハーン氏が動画でメッセージ。「歴史的に見ても大きな試合。期待している」といった趣旨の言葉をもらった上で、元世界4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア・帝拳)の名前を引き合いに「チョコラティート(ロマゴンの愛称)のような複数階級を制する王者になってほしい」とパソコン画面越しに激励された。

 ミニマム級と合わせ、すでに2階級制覇をしている京口は直近2試合を米国、メキシコのアウェーで防衛した。「(ハーン氏には)米国で携わってもらっている時からそう言われていた」と説明。もちろん、ファイトスタイルを変えるわけではないが、「そういう選手にならないといけないなと思いました。嬉しいです。頑張ります」と笑顔を見せた。

 日本人同士の王座統一戦は、2012年6月にWBC世界ミニマム級王者・井岡一翔がWBA王者・八重樫東に判定勝ちして以来、10年ぶり2度目となる。京口は24日から都内に一軒家を借り、トレーナーやマネージャーら陣営とともに住み込みで調整。小林尚睦トレーナーに勧められ、空き時間にはYouTubeで歴代名ボクサーたちの動画を見たという。

「チャベスとか、マルケスのパッキャオ戦とか、1時間半くらい見ていました。カネロのコンビネーション特集とかもですね。ハグラーは初回からド突き合い。参考にするためではないですけど、スゲェなって。いろんな刺激を入れました」

 減量は残り2キロほど。「しっかり食べながら調整できているので順調です。気を抜かずにベストコンディションで臨みたい」と最終調整に入る。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集