[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村元哉中&高橋大輔は「傑作の一つを思い出させる」 転向後の姿勢に海外メディア敬意

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカが23日(日本時間24日)、米マサチューセッツ州ノーウッドで行われ、アイスダンスの村元哉中、高橋大輔組(関大KFSC)は合計169.68点で6位だった。海外メディアはフリーの演技に注目。「ダンスは発展途上」としつつ、高橋の姿勢などに「敬意を示さなければ」と称賛していた。

スケートアメリカ、アイスダンスで合計169.68点で6位になった村元哉中、高橋大輔組【写真:Getty Images】
スケートアメリカ、アイスダンスで合計169.68点で6位になった村元哉中、高橋大輔組【写真:Getty Images】

今季初戦スケートアメリカで6位

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカが23日(日本時間24日)、米マサチューセッツ州ノーウッドで行われ、アイスダンスの村元哉中、高橋大輔組(関大KFSC)は合計169.68点で6位だった。海外メディアはフリーの演技に注目。「ダンスは発展途上」としつつ、高橋の姿勢などに「敬意を示さなければ」と称賛していた。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 白いドレスの村元と黒いタキシード風衣装の高橋は、見事なリフトを決めるなど今季初披露の「オペラ座の怪人」を好演。リズムダンスの5位から順位を一つ下げたものの、海外メディアは“かなだい”カップルの演技が印象に残ったようだ。ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイド・スケーティング」の公式インスタグラムでは、2人の滑りをこのように伝えた。

「カナ・ムラモトとダイスケ・タカハシのフリー、『オペラ座の怪人』は、氷上の演劇を見ているかのようだ。そしてこのプログラムは、ダイスケの傑作のひとつである『道化師』の迫力を思い出させる」

 別の投稿では「もちろん『オペラ座の怪人』のダンスは発展途上。ダイスケにとってはプログラムの終りまでがツール・ド・フランスのように(長く)感じるだろう」と今後に期待。「しかし、自身がなれる最高のアイスダンサーになろうとしている彼には敬意を示さなければいけない」と男子シングルから転向した高橋の姿勢を称賛していた。

 村元については「このパートナーシップのために最高の演技をみせる優美なアイスダンサーのカナ・ムラモトには脱帽だ。我々はこの2人に非常に感謝している」と絶賛していた。結成3季目の村元、高橋組は、27日にカザフスタンのアルマトイで開幕するチャレンジャーシリーズ第7戦デニステン・メモリアルに出場する。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集