[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

4連敗ヤンキース、WS逃した痛恨の守備ミスに米記者失望「イニングが終わるはずが…」

米大リーグのア・リーグ優勝決定シリーズ第4戦が23日(日本時間24日)に行われ、ヤンキースは5-6でアストロズに敗北。通算0勝4敗と1つの勝利も挙げられず、ワールドシリーズ進出を逃した。痛かったのはリードで迎えた7回の守備の乱れ。米記者も「トーレスが(敗北への)扉を開けた」「イニングが終わるはずが」と失望していた。

ア・リーグ優勝決定シリーズ第4戦、7回に同点を許したヤンキースバッテリー【写真:Getty Images】
ア・リーグ優勝決定シリーズ第4戦、7回に同点を許したヤンキースバッテリー【写真:Getty Images】

ヤンキースはアストロズに4連敗で今季終了

 米大リーグのア・リーグ優勝決定シリーズ第4戦が23日(日本時間24日)に行われ、ヤンキースは5-6でアストロズに敗北。通算0勝4敗と1つの勝利も挙げられず、ワールドシリーズ進出を逃した。痛かったのはリードで迎えた7回の守備の乱れ。米記者も「トーレスが(敗北への)扉を開けた」「イニングが終わるはずが」と失望していた。

 失点につながる痛恨のミスだった。ヤンキースが5-4とリードで迎えた7回の守備。1死一塁から相手の2番ペーニャが力ない二ゴロを放った。二塁手トーレスが捕球して即座に二塁へ。しかし、遊撃手カイナーファレファとの息が合わず、ボールは逸れてしまった。併殺打でチェンジのはずが1死一、二塁にピンチ拡大。このあと連打であっさり逆転を許し、本拠地ヤンキースタジアムはため息に包まれた。

 痛恨の失策に、ツイッター上の米記者たちも辛辣だった。米紙「ニューヨークタイムズ」のジェームズ・ワグナー記者は「トーレスのトスが乱れた。イニングが終わるはずのダブルプレーがビッグエラーに」と投稿。MLB公式サイトのヤンキース番、ブライアン・ホッホ記者は「トーレスの送球も良くなかったが、カイナーファレファも捕球の準備ができていなかった。エラーはトーレスに」と乱れた二遊間について伝えた。

 米紙「プロビデンス・ジャーナル」のビル・コーク記者も「グレイバー・トーレスが扉を開けてしまった。ヤンキースを今季終了させるチャンスがアストロズに生まれた」と報じていた。シーズン62本塁打と爆発したアーロン・ジャッジ外野手もポストシーズンでは不調。ヤンキースの今季は4連敗で終了となった。アストロズは2年連続5度目の優勝となり、ワールドシリーズではフィリーズと対戦する。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集