[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子バレー日本、オランダ撃破で海外から注目された22歳の武器「美しいパイプ攻撃だ」

バレーボール女子の世界選手権は9日、オランダで2次リーグ最終戦が行われ、既に8強入りを決めている世界ランク6位の日本は同11位のオランダに3-0で勝利した。欧州の専門メディアは「開催国を上回った」と注目。井上愛里沙とともにチームトップの15得点を挙げた22歳の石川真佑には、海外ファンから「イシカワのサーブは脅威だね」などと熱視線が浴びせられている。

バレーボール女子の世界選手権、オランダを破った日本代表【写真:Getty Images】
バレーボール女子の世界選手権、オランダを破った日本代表【写真:Getty Images】

世界選手権、日本が準々決勝進出

 バレーボール女子の世界選手権は9日、オランダで2次リーグ最終戦が行われ、既に8強入りを決めている世界ランク6位の日本は同11位のオランダに3-0で勝利した。欧州の専門メディアは「開催国を上回った」と注目。井上愛里沙とともにチームトップの15得点を挙げた22歳の石川真佑には、海外ファンから「イシカワのサーブは脅威だね」などと熱視線が浴びせられている。

 接戦となった第1セットで石川が魅せた。9-10と追いかける展開でサーブを放つと、オランダの選手は反応できず。サービスエースが決まり同点に追いついた。このセットを25-23で先取した日本は第2セット、オランダの高さのあるバックアタックに苦しめられながらも25-23で奪取。第3セットは日本が主導権を握り、最後は石川が強烈なバックアタックを叩き込んで25-21で勝負あり。3-0のストレート勝ちを収めた。

 スイスのバレーボール専門メディア「バレーボール・ワールド」は「日本と中国がプールEの準々決勝対戦カードを決める」との見出しで記事を掲載。「オランダは日本の2倍のブロックポイントをマーク。しかしアジアのチームはそのほかすべてで開催国を上回った」と注目。「イシカワが第3セットでチームを牽引し、美しいパイプ攻撃でマッチポイントを決めた」と石川の活躍にも脚光を浴びせていた。

 同メディアの公式YouTubeチャンネルは試合のハイライト映像も公開。日本の快勝を目の当たりにした海外ファンからは「日本選手のプレーが大好き」「日本は絶好調だな」「今の日本は前の世代よりずっとアグレッシブだね」とコメントが寄せられたほか、「イシカワはかなり良かった」「イシカワのサーブは脅威だね」「イシカワのサーブよ」とこの試合で2本のサービスエースを決めた石川にも熱視線が向けられていた。

 E組3位で準々決勝進出した日本は、1次ラウンドで82年ペルー大会以来、40年ぶりに撃破した同2位ブラジルと再戦する。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集