[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が語った歴史的1年の「不本意」な要素 米反響「更にパワー上げて戻ってくる」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。5回1安打1失点、6奪三振の力投も9敗目を喫したが、今季最終戦で規定投球回に到達。規定打席と合わせたダブル規定到達は史上初となった。大谷マニアで知られる米アナリストは、試合後に語られたコメントに注目。米ファンからは「応援している。プレーオフに行けるように」などと反響が寄せられている。

アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で出場した大谷翔平【写真:ロイター】
アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で出場した大谷翔平【写真:ロイター】

史上初の投打ダブル規定達成

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。5回1安打1失点、6奪三振の力投も9敗目を喫したが、今季最終戦で規定投球回に到達。規定打席と合わせたダブル規定到達は史上初となった。大谷マニアで知られる米アナリストは、試合後に語られたコメントに注目。米ファンからは「応援している。プレーオフに行けるように」などと反響が寄せられている。

 アスレチックス戦、初回の3人を抑えて規定投球回に到達した大谷。今季は投手として166回を投げ、15勝9敗、防御率2.33、219奪三振といずれもトップクラスの成績を残した。打者としても打率.273、34本塁打、95打点。あのベーブ・ルースも達成できなかった投打のダブル規定到達を果たした。

 試合後、地元ロサンゼルスの放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターは、大谷が海外メディアの取材に答える映像を公開。今季の結果について問われ「全体的には良かったともちろん思いますけど、今日で終わってしまうっていうのは不本意なところなので。本来ならここからが本番くらいの感じで行ければいい。それを目指して来年頑張りたい」と語っている。

 エンゼルスは8年連続でポストシーズンを逃し、大谷は目指す舞台に今季も立てない。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏は、「2022年のMLBシーズンについてのショウヘイ・オオタニ」などと文面に記し、このコメントに注目した。

 米ファンからは「ショウヘイ応援しているよ。トラウトと一緒にプレーオフに行けるように」「ショウヘイが強いチームに居ないことが残念だ」「来季はもっとパワーとスピードを上げて戻ってくる」「SUGOI ショウヘイ」「オオタニの活躍は素晴らしいものがある」と、今季の活躍への称賛と来季に期待するコメントが集まっていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集