[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本男子、難敵ブラジル破り8強! 2大会ぶりメダル王手、戸上隼輔が世界5位から金星

世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が5日、中国・成都で行われ、男子決勝トーナメント1回戦に臨んだ世界ランク3位の日本は、同6位のブラジルに3-0でストレート勝ち。12年ぶりにメダルなしに終わった前回2018年のリベンジを狙う大会で8強進出を決め、2大会ぶりのメダル獲得に王手をかけた。

世界卓球、ガッツポーズする戸上隼輔【写真:Getty Images】
世界卓球、ガッツポーズする戸上隼輔【写真:Getty Images】

世界卓球団体戦、男子決勝トーナメント1回戦

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が5日、中国・成都で行われ、男子決勝トーナメント1回戦に臨んだ世界ランク3位の日本は、同6位のブラジルに3-0でストレート勝ち。12年ぶりにメダルなしに終わった前回2018年のリベンジを狙う大会で8強進出を決め、2大会ぶりのメダル獲得に王手をかけた。

 グループリーグ4戦全勝で首位通過した日本はこの日、戸上隼輔、張本智和、及川瑞基のオーダーでブラジルと激突した。第1試合は全日本王者の戸上がエースのカルデラノと対戦。中国勢3人と張本に次ぐ世界ランク5位、東京五輪8強の強豪を相手に序盤から打ち合いを展開したが、第1ゲーム(G)はジュースの末に11-13で落とした。しかし、第2Gは逆転で12-10でモノすると、第3Gは11-8で連取。要所で強烈なバックハンドが冴え、第4Gは11-7と圧倒し、先勝した。

 第2試合はGLでチーム最多6勝を挙げたエースの張本。チーム最年少の19歳は日系人プレーヤーのジョウチと対戦し、第1Gから持ち前のバックハンドで相手を圧倒。「チョレイ!」が再三飛び出し、11-4で先取した。勢いに乗った張本は以降も付け入る隙を与えず、第2Gは11-5、第3Gは11-7。ストレートで完勝した。第3試合はチーム最年長25歳の及川が登場。同じく日系人プレーヤーのイシイと対戦し、第1Gを11-8で取った。以降も主導権を握って完勝。日本の8強入りを決めた。

 4年前はベスト8に終わり、リベンジに燃えている日本。3位決定戦がなく、メダル決定戦となる準々決勝はスロベニア―ポルトガルの勝者と対戦する。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集