[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が激走 一塁から約11秒で勝ち越し生還、日米反響「涼しい顔でカッコイイ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)の敵地レンジャーズ戦に「3番・DH」で先発出場。同点の6回、味方の二塁打で一塁から一挙生還する激走を見せた。勝ち越しホームインの映像を地元メディアが公開すると、「閃光かもしれない」「涼しい顔での走塁カッコよ過ぎ」と日米のファンから反響が寄せられている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

敵地レンジャーズ戦に「3番・DH」で先発出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)の敵地レンジャーズ戦に「3番・DH」で先発出場。同点の6回、味方の二塁打で一塁から一挙生還する激走を見せた。勝ち越しホームインの映像を地元メディアが公開すると、「閃光かもしれない」「涼しい顔での走塁カッコよ過ぎ」と日米のファンから反響が寄せられている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 無駄のないベースランニングだった。6回先頭で迎えた第3打席、初球を右前に運んで出塁。続く4番ウォードが三塁線を破った。一塁走者の大谷は激走。速度を緩めることなく一挙に本塁へ。捕手のタッチをかいくぐり、3-2と勝ち越しのホームに滑り込んだ。ウォードのスイングから約11秒だった。

 米ロサンゼルスの地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターは大谷の好走塁の映像を公開。文面に「ウォードの二塁打でショウヘイが生還しリード」と添えた。

 米ファンからは「一塁から本塁へ!」「オオタニのスピード、彼は閃光かもしれない」とコメントが寄せられ、日本人ファンからは「ベースランニングが上手すぎる」「涼しい顔での走塁カッコよ過ぎ」「快走飛ばして逆転はかっこよすぎる」「スライディング上手いですね」と反響が集まっている。エンゼルスはその後も打線が繋がり2点を追加。7回終了時点で5-2とリードしている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集