[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平VSジャッジ比較は「難しい」 ヤンキース監督が本音、理由は“二刀流の評価”

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手はヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手とMVP争いを繰り広げている。全米でも論争が過熱する中、ヤンキースのアーロン・ブーン監督は両者について問われ、「比較は難しい」と私見を語った。

13勝&34発と大活躍の大谷翔平【写真:ロイター】
13勝&34発と大活躍の大谷翔平【写真:ロイター】

ブーン監督「ショウヘイは昨年よりも良いかもしれないが…」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手はヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手とMVP争いを繰り広げている。全米でも論争が過熱する中、ヤンキースのアーロン・ブーン監督は両者について問われ、「比較は難しい」と私見を語った。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のヤンキース番クリス・キルシュナー記者は18日(日本時間19日)に自身のツイッターを更新。「昨晩、オオタニはメディアに対し、昨年よりも良いシーズンを過ごしていると感じると明かした。アーロン・ブーンにオオタニとジャッジをどのように正しく比較、評価するか聞いた」と投稿。ブーン監督はこのように話したという。

「ショウヘイは昨年よりも良いシーズンを過ごしているかもしれないが、ジャッジは歴史的なシーズンを過ごしている」と大谷を認めながら自軍の主砲を称えた一方で「比較は難しい」と本音も語った。「ショウヘイについては、投打であのクオリティを有する選手を我々は見たことがないから、(比較できるかは)分からないね」とし、前例なき二刀流の評価が比較を難しくさせているようだ。

 大谷は17日(同18日)のマリナーズ戦で、7回無失点8奪三振の好投で自己最多を更新する13勝目をマーク。防御率2.43に196奪三振で史上初の投打ダブル規定到達が目前だ。打っても34本塁打を放ち、18日(同19日)の同カードで自己最多の139安打を記録。一方、ジャッジはこの日のブルワーズ戦で2発を放ち、本塁打のリーグ記録61本まであと2本に迫る今季59号に。123打点(リーグ1位)、打率.316(リーグ3位)で三冠王の可能性もある。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集