[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平13勝目の中継は“異例”の放送終了 実況席が「2連勝です」と伝えた直後に一言

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。打者としては初回の適時二塁打で1安打1打点、投手としては7回3安打無失点8奪三振の快投で自己最多を更新する13勝目を挙げた。勝利の立役者に、地元中継局は「オツカレサマデシタ、オオタニサーン!」と日本語での最敬礼で締めている。

7回を無失点に抑え、ガッツポーズするエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
7回を無失点に抑え、ガッツポーズするエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ヒーローインタビュー終了後に日本語で最敬礼

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。打者としては初回の適時二塁打で1安打1打点、投手としては7回3安打無失点8奪三振の快投で自己最多を更新する13勝目を挙げた。勝利の立役者に、地元中継局は「オツカレサマデシタ、オオタニサーン!」と日本語での最敬礼で締めている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 打者としても投手としても躍動を見せた大谷。地元ロサンゼルスで放送する放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」は、試合中継の締め括りも二刀流の大絶賛だった。試合後のヒーローインタビューに登場した大谷。やりとりを終えると、ダグアウトに引き揚げるヒーローの姿を映し出した。

 メジャー通算132勝で解説を務めるマーク・グビザ氏は「彼はあまりに素晴らしすぎて、マウンドでやりたい放題でした。ショウヘイ・オオタニ、まさに圧倒しました。エンゼルスはシアトル相手に2連勝です」と伝えた。すると、実況のパトリック・オニール氏がここでひと言。「オツカレサマデシタ! オオタニサーン」と日本語で労い、そのまま放送は終了した。

 大谷が本塁打を打った際には、日本語のフレーズを繰り出すことはお馴染みだったが、さらにそれを散りばめた。規定投球回数まで14回とした二刀流に最敬礼を送り、試合中継を“異例”のスタイルで締めくくった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集