[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全米女子アマV馬場咲希が代々木高転校完了 強豪ゴルフ部には入らず、そのワケとは

日本人として37年ぶりに全米女子アマチュアゴルフ選手権で優勝した17歳・馬場咲希が、12日までに日本ウェルネス高(茨城)から代々木高(東京)への転校手続きを終えたことが、代々木高などへの取材で分かった。16日に開幕する住友生命Vitalityレディス東海クラシック(愛知・新南愛知CC美浜C)には、「代々木高2年」として出場する。ただし、同校のゴルフ部には所属しないことになった。

馬場咲希【写真:Getty Images】
馬場咲希【写真:Getty Images】

16日開幕の住友生命Vitalityレディス東海クラシックは「代々木高2年」として出場

 日本人として37年ぶりに全米女子アマチュアゴルフ選手権で優勝した17歳・馬場咲希が、12日までに日本ウェルネス高(茨城)から代々木高(東京)への転校手続きを終えたことが、代々木高などへの取材で分かった。16日に開幕する住友生命Vitalityレディス東海クラシック(愛知・新南愛知CC美浜C)には、「代々木高2年」として出場する。ただし、同校のゴルフ部には所属しないことになった。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 馬場の転校手続きが完了した。手続きのサポートをしていた代々木高ゴルフ部の山中辰男監督が「THE ANSWER」の取材に「書類が全てそろいました。さかのぼって9月1日から我が校の生徒ということになります」と明かした。

 一方で、昨年の全米女子オープン優勝者で米女子ツアーを主戦場にする笹生優花(フリー)、男子の世界アマチュアランキング1位・中島啓太(日体大4年)らを輩出した同校のゴルフ部には入部しないことになった。日本高校・中学ゴルフ連盟の大会資格規定第4条に明記されている「転入学生は、転入学した日より満1年を経過したもの」が主な理由で、同校では通信一般コースで学ぶことになる。

 もっとも、今後の馬場は多忙になる。国内では日本ゴルフ協会(JGA)などが主催するアマチュア大会及び、女子ツアーの大会に出場していく。同ツアーについては、アマチュア選手も主催者推薦出場は1シーズン8試合に限定。今季の馬場は既に2試合に出場しているが、この先は16日開幕の住友生命Vitalityレディス東海クラシックと10月20日開幕のNOBUTA GROUP マスターズGCレディース(兵庫・マスターズGC)への出場が決まっている。

 また、オファーが相次いでいる残り4試合分とは別枠で、9月29日開幕の国内メジャー・日本女子オープン(千葉・紫CCすみれC)には「特別承認」で出場が確定的。馬場は、日々の練習や登校機会も考えて家族に相談し、東京・日野市の自宅から通いやすい代々木高への転校を決めたという。

 来季については、全米女子アマチュア選手権優勝で、メジャー4大会などの出場権を獲得している。父・哲也さんによると、馬場は来季の海外大会も楽しみにしており、可能な限り出場予定。代々木高のゴルフ部には所属しないことになったが、山中監督は「我が校の生徒として、しっかりとサポートしていきたい」と話している。

<馬場が出場権を獲得した海外大会>

2023年~32年 全米女子アマチュア選手権
2023年 全米女子オープン
2023年 シェブロン選手権、全英女子オープン、エビアン選手権(アマチュアであることが条件)
2023年 オーガスタナショナル女子アマチュア
2023年 全米女子ジュニア選手権

〇…転校手続きが完了した馬場は今日12日、住友生命Vitalityレディス東海クラシック出場に備えて、愛知入りする。同行する父の哲也さんは「練習ラウンドは13日からになります」と話しており、16日の初日に向けてじっくりとコースチェックをしていく。全米女子アマチュア選手権で快挙を達成後、初のツアー出場。大会で最も注目される一人になりそうで、14日には会見が予定されている。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集