[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

失神直後の追撃打で44秒KO ボクシングヘビー級に米戦慄「コンビネーションで粉砕」

米ボクシングのヘビー級で44秒の瞬殺KOが生まれた。27日(日本時間28日)に米オクラハマ州タルサで行われた同級6回戦で、23歳のリチャード・トーレスJr.(米国)がマルコ・アントニオ・カネド(メキシコ)に初回44秒KO勝ち。米興行大手・トップランク社が動画を公開し、米メディアに「コンビネーションで粉砕した」と戦慄を走らせた。

ヘビー級6回戦で初回44秒KO勝ちしたリチャード・トーレスJr.【写真:Getty Images】
ヘビー級6回戦で初回44秒KO勝ちしたリチャード・トーレスJr.【写真:Getty Images】

東京五輪銀メダルの有望株がプロデビュー3連勝

 米ボクシングのヘビー級で44秒の瞬殺KOが生まれた。27日(日本時間28日)に米オクラハマ州タルサで行われた同級6回戦で、23歳のリチャード・トーレスJr.(米国)がマルコ・アントニオ・カネド(メキシコ)に初回44秒KO勝ち。米興行大手・トップランク社が動画を公開し、米メディアに「コンビネーションで粉砕した」と戦慄を走らせた。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 ヘビー級らしい破壊的なパンチが飛び出した。初回。サウスポーのトーレスJr.はロープに詰め、ボディーから左のオーバーハンドを炸裂させた。相手はこの時点で意識を失ったようだが、さらに強烈な右フックをお見舞い。膝から前のめりに崩れ落ち、ようやくレフェリーが試合を止めた。

 トップランク社公式ツイッターが動画を公開。米専門メディア「ボクシングシーン.com」は記事を掲載し「左、左、右のコンビネーションで粉砕した」と伝えた。「カネドは顔を床に伏せた状態で気を失った。この試合でトーレスJr.はカネドを2度ダウンさせている。メディカルチェックを要する事態となった」と説明。「少し経ってからカネドは立ち上がり、リングを後にした」とつづっている。

 トーレスJr.は、アマチュア時代に東京五輪スーパーヘビー級で銀メダルを獲得したプロスペクト。プロ転向し、今年3月のデビュー戦は2回KO、7月15日のロベルト・ザバラJr.戦では初回58秒KOで2連勝していた。早期決着により、わずか6週間で試合が組まれた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集