[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボクシング5戦目のタイトル戦は早いのか 元K-1武居に大橋会長「意見は受け止めます」

ボクシングの東洋太平洋スーパーバンタム級(55.3キロ以下)タイトルマッチが26日、東京・後楽園ホールで行われる。元K-1王者・武居由樹(大橋)が王者ペテ・アポリナル(フィリピン)に挑戦。25日は都内で前日計量が行われ、両者とも55.2キロで一発パスした。武居陣営の大橋秀行会長は、プロボクシング転向からわずか5戦目で初のタイトル戦となる武居について信頼を寄せた。戦績は26歳の武居が4勝(4KO)、27歳のアポリナルが16勝(10KO)2敗。

前日計量を行った武居由樹【写真:浜田洋平】
前日計量を行った武居由樹【写真:浜田洋平】

東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ

 ボクシングの東洋太平洋スーパーバンタム級(55.3キロ以下)タイトルマッチが26日、東京・後楽園ホールで行われる。元K-1王者・武居由樹(大橋)が王者ペテ・アポリナル(フィリピン)に挑戦。25日は都内で前日計量が行われ、両者とも55.2キロで一発パスした。武居陣営の大橋秀行会長は、プロボクシング転向からわずか5戦目で初のタイトル戦となる武居について信頼を寄せた。戦績は26歳の武居が4勝(4KO)、27歳のアポリナルが16勝(10KO)2敗。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 元K-1王者の武居は2020年12月の試合を最後にK-1を卒業。ボクシングに転向し、21年3月のデビュー戦で初回1分43秒TKO勝ちを収めた。2戦目は2分57秒、3戦目はわずか59秒で3戦連続初回TKO勝ち。今年4月の4戦目は13年全日本フェザー級新人王・河村真吾(堺春木)に2回1分22秒TKO勝ちした。

 地域タイトルながら、5戦目でタイトルマッチまでたどり着いたホープ。大橋会長はタイトル挑戦のタイミングについて「ちょうどいい」と断言した。ここまで4戦601秒、計3ラウンドちょっとしかリングに立っていないものの、「キャリアがないとか、1、2ラウンドしかやってないとか言いますが、格闘技歴が長い」と期待。「早いという意見は受け止めますけど、格闘センスに長けている。それがなかったらやらせてない」と信頼を寄せた。

 武居は「ボクシングでは早い方だと思うけど、プロのリングは(K-1含め)30戦目くらい。タイミング的には問題ないです」と自信。ボクシング転向後、元世界3階級制覇王者・八重樫東トレーナーに師事。同トレーナーもアマチュアボクシングからプロ転向し、5戦目で東洋太平洋王座を獲得した。大橋会長は「勝てば選択肢が広がる」と世界王者への青写真を薄っすらと描きつつ、「明日が一番大事。先のことは考えてない」と一戦必勝を強調した。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集