[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平がいても勝てない古巣は「奇妙」 電撃解任から2か月、マドン前監督が“激白”

米大リーグ・エンゼルスのジョー・マドン前監督が電撃解任から2か月、米地元紙のインタビューに応じた。古巣は指揮官更迭という荒療治を行いながら、浮上の糸口は見えず、52勝68敗でア・リーグ西地区4位と低迷。大谷翔平投手、マイク・トラウト外野手といったスター選手が在籍しながらも勝てない状況に「奇妙」「イライラする」などと語ったという。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ジョー・マドン前監督が地元紙の取材に応じる

 米大リーグ・エンゼルスのジョー・マドン前監督が電撃解任から2か月、米地元紙のインタビューに応じた。古巣は指揮官更迭という荒療治を行いながら、浮上の糸口は見えず、52勝68敗でア・リーグ西地区4位と低迷。大谷翔平投手、マイク・トラウト外野手といったスター選手が在籍しながらも勝てない状況に「奇妙」「イライラする」などと語ったという。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 球界屈指の名将が、2シーズン以上率いた古巣の現状に嘆いている。最優秀監督賞をこれまでに3度受賞しているマドン氏は、2014年まで9年間監督を務めたレイズの地元紙「タンパベイ・タイムズ」の取材に応じ、エンゼルス時代を振り返った。

 大型連敗を喫した6月、監督を電撃解任されたマドン氏。エンゼルスとの関係は「一度解雇となったら、チームとの関係は終わったようなものだ」「なんの感情もない。何もない。私にとって、あの組織は存在しないようなもの」と“ビジネスライク”を強調した。一方で「多くの選手とは今でもメールのやり取りをしている」とも明かしており、教え子たちとの関係は続いているようだ。

 14年を最後にプレーオフ進出を逃しているエンゼルス。昨季MVPの大谷、過去3度のMVPを獲得しているトラウトといったスター選手を抱えながら、監督解任以降も浮上の糸口は見えない。そんな現状を、マドン氏は「奇妙に感じる」「フラストレーションが溜まる」などと表現したという。

 マドン氏はエンゼルスに対しての課題も提言し、「土台となる層を改善する必要がある」と指摘。「彼ら(一部のスター選手)だけでは改善できない」と大谷やエンゼルスの脇を固める面々の奮起を促していた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集