[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の「新球種のお知らせ」 米記者が注目した食い込む155キロに反響「マジか」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で先発出場。6回7安打2失点、8奪三振と先発の役割を果たしたが、今季11勝目とはならなかった。この試合で大谷が投じたある球種に米記者が注目。著名な投球分析家も反応し、「シーズン途中で新球種追加?」「彼は進化している!」と米ファンを驚かせている。

マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で先発出場。6回7安打2失点、8奪三振と先発の役割を果たしたが、今季11勝目とはならなかった。この試合で大谷が投じたある球種に米記者が注目。著名な投球分析家も反応し、「シーズン途中で新球種追加?」「彼は進化している!」と米ファンを驚かせている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 大谷の投球に注目したのは、米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエノ・サリス記者だった。3回2死一塁で、相手の4番ハニガーにフルカウントから投じた6球目。内角に食い込むような軌道の一球はボールと判定され、四球になったが、同記者はツイッターで「確実にこれは新球種の知らせ。ショウヘイ・オオタニがツーシームを投げた」と動画と共に伝えた。

 96マイル(約154.5キロ)の投球に対し、米ファンからも「マジか」「シーズン途中で新球種追加?」「彼は進化している!」「オーマイガー!」と驚きの声が書き込まれていた。

 また、この投球のものかは定かでないが、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏は「ショウヘイ・オオタニ、ツーシームの握り」とツイッターに記し、ボールの縫い目2本にそれぞれ指をかけた大谷の握りを画像で紹介していた。大谷は粘りの投球を見せたが、エンゼルスは9回に守備が乱れて2-6で敗れた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集